QRコード
QRCODE

アクセスカウンタ

2017年07月22日

ミュンヘンからスイスの小さな村・ミューレンまでの電車移動 とスイスのパスについて


この日はこの旅一番の長旅。

ミュンヘン出発は7;17。
ミュンヘン駅はモダンで綺麗で食べ物屋さんも豊富で朝食のチョイスも色々あったが、

こんなのもあります、さすがドイツ。(チェコにもあったけど)
頂いたのは写真右のカリーワースト・ソーセージ、濃厚なソースが朝から美味しかった。ふふ。

ミュンヘンからまずはチューリッヒまで4時間半。



チューリッヒで乗り継ぎ。
チケット予約時、乗り継ぎ時間は自分たちで指定しない限り、短いものから表示されるので、10分もあれば大丈夫かな、と思っていたが・・・・
列車到着が5分程度遅れ、広いチューリッヒ駅のホーム間の移動、大急ぎで走り何とか間にあった。
私達は軽いスーツケースのみだったので走れたが、荷物が多かったら間に合わなかったかも。


チューリッヒからインターラケンまでは1時間半。
2等車の席指定しないでいたら、この間は混んでて眺めの良い席は取れなかった。

お昼時になったので食堂車に行くと、何とも豪華な食堂車。
天井近くまでの大きな窓があり、その窓からスイス・アルプスの山々がよく見えるicon12

ここも混んでていて、私達は進行逆方向の席しか空いてなく、振り返りつつ景色を見ていたら、向かいの女性から
「私はここに住んでていつでもこの景色を見ているから、席を代わりましょう。素敵な景色でしょう?」
なんて素敵なオファーをしてもらい、素晴らしい山々の景色を見ながら食事がとれた。



その女性の食べてたのが美味しそうだったので同じものをオーダー。
黒米と枝豆と大豆とカシューナッツのサラダ、なるほど、この組み合わせは食感が良く美味。家でも作ってみたいメニュー。


インターラケンからラウターブルネンまで電車、そこからグラッツシャルプまでゴンドラ、そこからミューレンまで電車で移動し、やっとお宿に到着。

このチケット、ドイツのウェブサイトDB Bahnを使ったが、驚くべき裏情報が。
ドイツ発スイス着のチケットであれば、スイスのどこであろうとお値段は一律。

私の最終目的地ミューレンまではこのチケットは有効ではなかったが、途中の駅ラウターブルネンまでは、チューリッヒまでと同じ値段で予約できちゃう仕組み。

この情報はここから。列車移動の多かった今回、この方のウェブに大変お世話になりました。→The Man In Seat 6




最後までなかなか決められなかったのがスイスでのチケットの選択。
私達はミューレンに3泊、その間電車やロープウェイを使い山々を見てハイキングする予定でいたが、スイスは色々なパスがありすぎ。
全てが半額になるパスや、レールウェイパス、指定日数乗り放題パスなど、選択が多い。

途中までは頑張って、乗るであろう区間1つ1つの運賃を計算しパスの値段と比較していたが、
3日間分の区間1つ1つを計算するのは何とも面倒。
結局ヨーロッパの日系旅行会社みゅうさんから、ユングフラウ3日間VIPパスを購入した。

パスがやはり正解だと思う。
というのも、スイスの山々の間の駅のチケットブースは、大勢の人が並んでいても1人の駅員さんが対応してるって事が多々。
至る所でチケット購入の為に列になってる方々を見た。

パスを持っているとこの時間が省ける。
(チケットを並んでいる間に電車が来ちゃったと飛び乗るのは厳禁。殆どの電車内で職員が回って来てチケット確認しているので、罰金を払う羽目になります。)
パスのお陰で時間節約もできたと思う。
3日間パスを駆使して色々見てきました。

















人気ブログランキングへ
同じカテゴリー(スイス旅行)の記事画像
アイガーグレッチャーからクライネシャイデックまでのハイキング
人生で最標高 Top of Europeへ行ってきた
チーズ三昧のスイス
ミューレンからアルメルトフーベルまでハイキング
お薦めスイスの小さな村 ミューレン
同じカテゴリー(スイス旅行)の記事
 アイガーグレッチャーからクライネシャイデックまでのハイキング (2017-07-29 09:32)
 人生で最標高 Top of Europeへ行ってきた (2017-07-27 07:40)
 チーズ三昧のスイス (2017-07-25 15:16)
 ミューレンからアルメルトフーベルまでハイキング (2017-07-24 13:44)
 お薦めスイスの小さな村 ミューレン (2017-07-23 08:18)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ミュンヘンからスイスの小さな村・ミューレンまでの電車移動 とスイスのパスについて
    コメント(0)