QRコード
QRCODE

アクセスカウンタ

2016年12月30日

オーストラリアのクーラーのない家での避暑方法

クリスマスからメルボルンの天気は大乱れ続き。

クリスマスは灼熱の38℃。
その後はカラっカラの乾燥メルボルンが湿度80%とかのムシムシと日が続き、閉めは昨日の一時的な大雨による洪水。

今日になりやっと湿度の低い、すがすがしい夏らしい日に戻った感じ。

ああ、乾燥してるって快適〰icon12
お肌はカサカサになるけど、それでもこの方が好きだなあ。


皆さんのクリスマスはいかがでしたか?

私達はパッくんご両親宅で合計10人、クーラーのない家での灼熱のクリスマスでした。

10人でも多いと思うが、聞けば20人、30人集まるのもざらなのだそう。

お料理をされた皆様、お疲れ様でした。

私達は持ち寄りで前菜を持っていったが、作るの簡単なブルスケッタにしました。

それでも、お庭で取れたてのバジルをふんだんに使ったブルスケッタは大好評でした。


そんな暑い中、家族内でちょっとした意見の食い違いが。

この日のような暑い日は窓&カーテンを閉めておくのが部屋を涼しくできる最良の方法、というのはオーストラリアでの常識、と私は思っていた。

実際、今までシェアハウスに住んでいた時も、多くの住人がしていたし、パッくんもする。

ところがお母さまとパッくん姉が
「ちょっと涼しくなってきたから、ドアを開けよう」
と16時くらいに言いだした。

外はまだまだ灼熱、姪っ子達が外に出てみて「外の方がまだまだ暑いけど・・・・」
って言ってみたものの、言いだしたら聞かないお母さまとそれを擁護する為か本当にそう思っているのかお姉さまも加わり、これはもうダメだ・・

「カーテン閉めっぱなしなんて、耐えられない」
と更にお母さまは言い、私達は諦め、彼女たちのしたいよう、カーテンも窓も開けた。

温風の風がムワっと室内に入って来て、それはそれは暑かった。

私もカーテン閉めたままなんて好きではないが、この閉めきりテクニックは家を外の暑さから守るのには最適な方法で、クーラーのない家はしょうがないのにな。

実際帰宅後の私達の家はずっと涼しかった。


レンガ作りの家は、夏は涼しく冬は暖かい、らしい。

実際、気温が30℃くらいまでは、湿度が低ければ、家内は涼しい。

30℃を越すことが予想される日は、閉め切り作戦で、窓からカーテンから閉め、外からの熱を遮断する。

そうすると中は驚くほど涼しく快適に保たれる。(2日くらいは)


そんなんで、うちはクーラーなしでもやっていけてます。

が、それも若いうち。
高齢のパッくんご両親なんて脱水になりやすいのに。クーラー付けろと周りが散々言ってるのに聞かず仕舞いなのです。。

来年のクリスマスもおそらくご両親宅。

年々突飛さが増していくお母さま。。

どうか今年中にクーラー付けてください〰。。























  


Posted by メル好き at 10:23Comments(0)暮らし

2016年12月22日

仕事修め2016 そして猫とニワトリとの生活開始

鬼のように忙しかった12月も何とか終了。
明日から約2週間のお休み〰icon12

そんな仕事納めの今日も飲みにも行かず、私は帰宅しないといけない理由があった。

お隣さんがNZに本日から帰省中の為、彼女の猫とニワトリたちのお世話。

お隣さんは今日の早朝に出発するとのことったので、ニワトリ達まだ小屋に入ったままかなあ、と思い急いで帰宅するが(ニワトリ小屋も十分広いのだが)、広いお庭で悠々としてたよ。ほっ。

お隣さんから聞いていたが、この子達どこまでもついて来て、それは可愛いんだが、座ると足を突っつくの。


座って携帯とか見てると、私の目をマジマジと見て、
「顔突っつきたいな」なんて言ってるようにも見えるし。
(ちょっと鳥の目恐怖症かも)

すぐに慣れるかな・・icon10

「卵も持って帰ってね〰」と言ってもらったが、どこに産んでるか分からず、イースターの卵探し状態。
その間もニワトリさんたちはずーっと私の後を付いてくるし・・笑


一番の大役は、夕方に彼女たちをニワトリ小屋に入れる事。

というのもこんなシティから10数キロの私のサバーブなんかでも、キツネが出るらしいの。

お隣さんは長い事ニワトリを飼っているが、半年に1回くらいにキツネの被害があるらしい。


目とクチバシがちょっと怖いけど、パッくんの帰りが遅いことが予想される今日、やるっきゃない、やってみるわ〰。


さて、この2週間のホリデーはお泊りでの予定もなく、メルボルン近辺で過ごす予定。

人口の一気に減るメルボルンのこの時期は嫌いじゃない。

溜まってること徐々に片付け、そして延々と見ちゃうYou Tube見続けないようにしよう〰・・・











  


Posted by メル好き at 14:33Comments(0)ホリデー

2016年12月20日

オーストラリアでの介護問題

老化は避けて通れない。
そして共に高確率で来るのが痴呆。

パッくんお母さま、御年80歳。
体は至って元気。
しかし徐々に来ているのが痴呆。

もともとちょっと面白いお母さま。
言ったことを言ってない、ってのは以前から多々あり。
物忘れもこの年ならしょうがないって程度はあったが、
痴呆が徐々に進んできている。


数か月前に電気ケトルをコンロにかけているのをパッくん父に発見される。


数週間前にはこんな事もあった。
我が家で大量に収穫している夏野菜のレタスやロケットたち。
パッくんご両親宅にもよくお裾分けしているが、先日のお父様とお母さまとの会話。

父「このレタスは〇〇(私のこと)から貰った物?」
母「Oh No No No No ,スーパーで買ったのよ」

この会話が台所から聞こえてきたが、私はお母さんまた忘れたんだなって何も言わずにスルーしたが、後でパッくんに言わせれば言った方が良かったよって言われた。


自分でテレビのボリュームあげておいて、その後「ちょっとうるさすぎない?」ってこともあった。


先週末、パッくんご両親・私達で夕食に出かけ、その帰り道。
暗い車の中でお母さまが何かが漏れてる気がするって言うので、車内灯をつけると後部座席は血まみれ。
お母さまの絆創膏の貼ってある腕から大量の血が・・・

いつケガしたのか尋ねるが前日のことか当日か思いだせず。
取りあえず車内でハンカチで圧迫止血&挙上しようとするが指示が全く守れず・・・

あまりの出血量に彼女のいつも行くGPに行くが、そこは21時で終了してた。
帰宅後ケガ部を見ると、ざっくりと深い傷だったがその時は止血していたため、クッション性のあるドレッシング、更には念のためのクッションに包帯で巻き、注意点・してはいけない事等伝え、翌日GPに行くようにだけ行って別れた。

その時も彼女の服は血だらけだったのに、
「これは血じゃない!」
と言い張るお母さま。。。

昨日様子を聞くために電話すると、いつもは2人とも電話で話してくれるが、お父様だけと話した。GPで治療もしてもらい大丈夫とのこと。

私が思うに、私から色々うるさく言われ(これは気を付けて等)、そしてほとんどの時は会話も普通に出来るからプライドも傷つけられ、私と話したくなかったのかなと思う。


年齢的にもしょうがないが、ゆっくりだがいよいよ来たなって思う。。
2人とも80歳で2人暮らし、殆どのことを今まで自立してこれたのは、ラッキーなんだったろうな。

実の娘さんは車で30分の距離。
徒歩2分の私達。
彼女のプライドを傷つけず、パッくんと私はどれだけ出来るのだろうって思う。


パッくんから言わせれば、「家もダウンサイズするべき」

40年住んでる彼らの家、確かに子供が巣立った後は使わない部屋も多く、お庭も広く管理が多い。

パッくんが芝生を刈り、電球を替えたり等は定期的にしてるが、ちょっとこれを手伝って等の電話は週に1回はある。


年を重ねても自立を尊重する文化、その中で私たちはどこまでできるのかなあ。。。。。


























  


Posted by メル好き at 21:45Comments(0)暮らし

2016年12月15日

忙しい師走に敢えて瞑想してみる

毎年の事ながら手術室は12月は大忙し。

仕事に、クリスマス会等に忙しい中、それでも1人You Yube 時間は何とか確保してます。
(忙しい人はそんな事できないって? 笑)

You tube サーフィン中出くわした片岡鶴太郎さんが出ていた番組。
彼の1日の生活に密着という内容。
片岡さんは、朝の支度に5時間要るそうで、その内容を紹介するものだった。

ひょうきん族を見ていた私からすれば、中身外見とも別人のような彼。
ヨガから始まり、瞑想、頭の体操、2時間掛ける1日1食の食事 という内容だった。

その中での彼のコメント、瞑想を終え感想を聞かれると
「幸せな時間でした。」と。


瞑想って、
10年くらい前に友人が「瞑想が好き」って言ってて、へえーっ変わった事言う人だなって思ったのを覚えているが、今では至る所で聞くくらいメジャーな言葉。

子供のころ禅に行っていて、大学時代していた合気道にも無になる時間というのがあった私には、瞑想 という言葉は使わなかったが、実は興味はあった。

それでも何だかんだで日常に追われてる毎日、瞑想する時間が持てないでいた。


先日から数分だけの瞑想を開始してみた。

彼が言っていた様、終わった途端、今あるもの全てに感謝でき、なんとも幸せな気分になれる、気がする

あまりにも頭の中がいっぱいの時は、うまくいかない時もあるけどね。。


こんなスピリチャルと無縁な私なんかでも手軽に出来ちゃう瞑想、特に忙しいこの時期に意外といいかもですfeel11
(意外と重要なのは手、指先かも。よくある瞑想してます〰って指先を真似すると、心が無になれる気がします)  


Posted by メル好き at 14:23Comments(0)徒然

2016年12月12日

お誕生日会@Movida Next Door

先月の私のお誕生日、スペインがいまだマイブームな私の為にパッくんが選んでくれたのはここ。
(Movidaは1週間前にはもう予約満席なんだって、すごいね)

名前の通り、Movidaのお隣です。




This photo of MoVida Next Door is courtesy of TripAdvisor

お借りした写真から伝わりますか、店内はおっ洒落。

メニューはConservas ,Tapas ,Raciones ,Postreと分かれており、スペイン語に最初戸惑うが、おつまみ系からタパス、一品料理ってところ。

タパスは3ドル台からあり、ポーションは勿論小さいが、少量ずつ色々食べたい人にはお勧め。

そして盛り付けも美しい。

タパスで一番美味しかったのはイワシ、1口サイズのイワシが程よく温められていて、付け合わせの食感の違うもの通しの組み合わせが、美味だった。

みんなが頼んでいたコロッケは至って普通、というよりハズレなくらい。


色々食べたが、お勧めはタパスのお魚系と、大皿料理からの生ハム。これらは頬っぺた落ちました。。

人気店で予約は取りずらいはお安くないはってお店だが、お店の雰囲気は良いしお勧め。

来年スペイン行を予定している私、美味しいお店を今から調べ中だが、本場になるともっとお安くなるけど、メルボルン価格、やはり何でも高くなるんだよなあ。。。

でも、メルボルンでスペイン料理、これもあり。ここはお洒落して出かけてみてくださいっ!

















  


Posted by メル好き at 22:43Comments(0)グルメ