QRコード
QRCODE

アクセスカウンタ

2016年11月29日

男と女の違い

ただ今、パッくんがお兄さんとアメリカ旅行中の為、10日間のホーム・アローン中。

家で1人で居るのが怖い私、パッくん出発前は本気で心配してた。

案の定、初日夜はなんだがドキドキして殆ど眠れなかった。

2日目夜、まだ怖くってラジオを一晩中つけてた。

そして5日経過、

・・・・・昨日なんて爆睡・・・

なんだか1人で居るのに慣れてきてた。

昨日は遅出勤務で帰宅は23時前になったけど、特に恐怖も感じず、1人で気楽にネットしてから就寝。

もともと不眠な私、こんないい眠りはいつ以来だろうってくらいぐっすり眠れた。(あれ?)


先月私が1人で日本帰国した時、同じようにパッくんは1人で家に居た。
最初の数日は(うるさいやつもいなくて?)快適だったが、2週目に入ったくらいから1人で居るのが寂しかったって言ってた。


これが男と女の違いかな。

女の方が変化に順応できるのが上手い。寂しさへの順応へも。


すっかり快適になったホーム・アローンだが、(!)
それでも勿論パッくん帰国は待ち遠しい。(念のため書いておこう。)




  


Posted by メル好き at 07:57Comments(0)徒然ホリデー

2016年11月23日

日本・韓国旅行記⑦ お土産購入&発送できるロッテマートが素晴らしい

韓国のお土産を買おうとやって来たのはソウル駅からすぐのロッテマート。

ロッテマートの他にもアウトレット・デパートが併設されており、買い物好きは要チェックな所。

見てただけなのにアウトレットで1時間費やした私も、やっとたどり着いたロッテマートで早速お買い物開始〰。

ここは巨大なスーパーマーケット。

観光客が多いので日本語・英語が喋れる人も多いが、それ以上に断トツ多いのが中国語を話せる定員さん。

爆買いしていく中国人観光客に対応するため、中国語を話す人が世界的に増えているのを目の当たりにする毎日・・・ちょっと怖い。

さて、お買い物開始。



ラーメンコーナーでは2種類の試食があり、



この美味しかったプデチゲラーメンを、こういうのが大好きな日本の家族の為に5袋入りを3つも買っちゃった。





キムチコーナーも充実。
試食も充実しており、お土産の為の試食との名のもと、色々試した、美味しかった。

タコのキムチとカニの佃煮を買ったら、おまけでキムチもつけてくれた。
このキムチ、特に海鮮の物は安くはなく、2つで1万円オーバーになったからだろうけど、おまけはやっぱり嬉しい。

お茶コーナーも試飲が多く、定番のコーン茶の他、美味しかったハト麦茶、ゴボウ茶、フルーツ茶購入。

試食が多いので、キムチ、ラーメン、お茶、コーヒーに終わり、一食分食べたくらい。


化粧品コーナーもあり、MISSHAで自分用のBBクリームのクッションファンデーション、その上につけるお粉、お土産用パック多量、ハンドクリーム多量に購入。




これだけ買えば十分かな?


会計後、自分で箱を選び梱包開始。




ミカン箱くらいの大きさを選び、振動で特にキムチたちに影響がないよう慎重に梱包していき、更には出来た隙間を埋めるため、更に箱のお菓子を買って完璧に梱包終了〰。




梱包し具合に自己満足した私、海外発送コーナーに行き手続きすると、係の男の子に中をチェックしますと、ナイフであっさり箱を開けられてしまった。

そして中身を半分くらい箱から出され、キムチがあるので別料金が掛かると。

追加料金を足し、合計で発送料は5000円。
オーストラリアの発送料に慣れてきたので、日本韓国間のこの値段がありがたい。やはり近いって素晴らしいっ。


それにしても、完璧なの梱包をあっさり開けられ、そしてメチャメチャに箱に戻していかれた私はショック。

輸送の衝撃を考え、箱系のお菓子を外側に、プラスチックの容器に入ってるキムチ等は中心にと考えて梱包したのに・・・

「キムチが漏れないように、考えて梱包してね」と言い、きつい目で見ている私を、うっとおしい〰と言わんばかりに男の子はがんがん箱に戻していった。

キムチが漏れ、とんでもない状態で日本に届いた悪夢がしばらく頭から離れなかったが。。

3日後日本の実家に届いた。

結果、何とか大丈夫だった。

というのもきっとキムチコーナーのおばちゃんのお陰。
発送すると伝えると、キムチをラップで20重!くらいしてくれていたので、もれていたが最初の1重、2重くらいのみだった。良かった。


こんな箱いっぱいで、しかも別料金のキムチ込みで、日本への発送5000円はありです。

私のようなLCC利用者は特に!

このロッテマート、スーパー内に簡易のフードコートもあり、




楽しくて長居してしまった私、試食で小腹がいっぱいになりつつも、買い物客を見ながら水餃子頂きました。


ロッテマート、最後のお土産買い、また発送してしまいたい人にお勧め。

地元の人も居たが、観光客に対応する為スタッフは多いし、レジの外にはDIY梱包コーナー、海外対応発送コーナーもある充実ぶり。

ここでの買い物はタックス・フリーできる為、空港で微量ながら現金で帰ってきたし。

そんなんで、お土産も発送してしまった私はまだ身軽。
インチョン空港への移動、日本着後の移動も、軽いスーツケース1つですいすい歩けた。

重いスーツケースを持っての移動は旅を更に疲れさせるけど、今回は最後の日本での買い物まで身軽な旅でした。





















  


Posted by メル好き at 06:32Comments(0)韓国旅行

2016年11月17日

私も行ってきました Mappen まっぺんラーメン

最近はシティに出かけることも滅多にないので、たまに出かけると新たな発見が毎回ある。

新しいお店がここにも、聞いてた抹茶のお店だ、等とともに見つけたここ。

16時半という中途半端な時間にも関わらずオープンしてたので、小腹も空いてたし入って見ることに。

時間帯もあって店内は空いてた。それでも1人の方、2人連れの方等、6組くらいは居たかな。

驚いたのはその値段設定。




全てが安い。(アルコール以外)

4番のBlack、黒とんこつラーメンの小さいサイズをオーダー。お値段なんと$6.90




飲み物も勧められ、ちょっと一杯飲みたい気分だったので赤ワインを注文。

分かってたが、ラーメンとワインなんて合うわけもなく、結局まずはラーメンを食べてしまい、追加でご注文。



(小腹空いてるだけだったのにがっつり食べちゃった・・)


ラーメンはとっても美味しかった。

このクオリティがこの値段で食べられるなんて、並んで$15払ってラーメン食べてたのは何だったんだ!?
って思わずにはいられない。

追加のから揚げ等は、ショーケースに並べられてて作り立てじゃなかったから、乾いてる感じがしたのは残念だが、この安さだからね。

残念だったのはワイン、強気のグラス$6か$7の設定で、小さなグラスに少量。
これだったらいっその事、キャスクとかの箱の安いワインを、$2とか$3とかで販売した方がいいのでは?


ビール、ワインとお酒を置いてる割には、おつまみ系が充実してないし
(から揚げ等はあるが、作り置きの物が多い、ラーメンに入れちゃう分には問題ないが)お店の感じも一杯飲んで寛げる感じではないので、ラーメン等を食べてサクッと帰るのにぴったりなお店かな?


結論、今後ワインはなしだが、ラーメンをまた食べに、或いはカレーライス等を食べにまた行きたい。


近くに激安なうどん屋さんもあり、今後もジャンルは違うが切磋琢磨でどちらのお店にもずっと続けてほしい。


ラーメンも、うどんも、こんな値段で食べられるようになったなんて。。
嬉しい限り。












  


Posted by メル好き at 13:35Comments(0)グルメ

2016年11月14日

Happyな時 Happy Hour @Hairy Little Sista

それは金曜日。
シティを歩いていると、賑わっていて外まで人が溢れているバー発見。

これはHappy Hourに違いない。




やっぱり。

この賑やかな雰囲気が大好きな私達もここで飲みだした。

見る人見る人、みんなHappy、みんな週末の始まりを全力で楽しんでいる。

スパークリングワイン、白ワインの後は、



滅多に飲まないカクテルもハッピーアワーなので飲んじゃおう。

雰囲気がいいのとお手頃値段の相乗効果で長居しちゃって、小腹がすいてきたのでおつまみも、



えびのフリッターと、最近至る所でよく見かけるナスビ・チップス。普通に美味しかった。


みんながハッピーに見えるハッピー・アワー。 意味なんて考えたことなかったけど、幸せな時間。その通りだ。

時間も5時から8時からと太っ腹です。

スワンストン・ストリートからすぐすぐ。

幸せな時間をシェアするのに、是非どうぞ。



  


Posted by メル好き at 06:36Comments(0)グルメ

2016年11月08日

日本・韓国旅行記⑥ 韓国でシミ取りレーザー・エステ

きっと誰も興味ないだろうなあ、と思いポツリと提案してみたシミ取りエステ。

すると韓国人同僚は「私も行きたかったの、私がいつも行くところに一緒に行く?」って!

やったー。
まだきっと20代の彼女、さすが韓国人、シミ取りも始めるのが早い。
韓国美女の綺麗な肌の秘訣はエステが一役買ってそう。

すると香港人男の子も、「僕も顔のホクロ取りたかったんだ、一緒に行こう」ってなり、

更には中国人同僚も「私もこのニキビ跡どうにかしたい!」

ってなり4人一緒に予約を取り、彼女が帰国時にいつも通っているというミョンドンのエステへ皆で行ってきた。



まずは1人ずつ丁寧にカウンセリングから。

私と韓国人同僚の悩みは同じで頬のシミ。

それにはCO2レーザーとIPLレーザーを勧められた。
肌の回復を促すため、同時に注射も勧められたが、そのお値段2万円。私は却下し、韓国人同僚はそれも施工した。


注射なしの私のお支払は約1万円。

ホクロ取りの彼も小さな顔のホクロ約6つ取るのに約5000円くらいだった。

ニキビ跡の中国人同僚は、彼女にできることはないと言われ、何もしないことになった。


カウンセリングも全て同僚が通訳してくれたので私達日本人・香港人・中国人何とかなった。ありがとう、同僚〰。


荷物を預け、ベットに寝てまずはメイクを丁寧に取ってマッサージしてくれた。

たぶんこの過程は下っ端の子のお仕事かな、若そうな彼女、韓国語しか喋れないと無言で丁寧にしてくれた。

その後別の方に交代、レーザーの機械をセットしだす音が聞こえだし、別の女性が英語で、まずはCO2レーザーから開始すると説明してくれた。

痛みは全くなく、5分程度で終了。次のIPLは多少の痛みがあったがこれも自制内、これも5分程度で終了。

その後冷たいジェルにての冷却が恐らく40分くらい。


日本でレーザー治療したことがあったが、それと比べて施工後の顔の赤みが全くなかった。かゆみ出現も一切なし。

最後の冷却ジェルが効果的だったのもあり、赤身等も出てこなかったように思う。
 
日本でやったのは10年近く前だったからか、冷却ジェルの変わりにアイスノンをのせられ、それが冷たくなくなってくると新しいのに交換してっての繰り返し。
それでも肌への密着度は低く、1度顔が真っ赤になり、痒くてたまらなかったことがある。

この冷却ジェルは、ジェルなだけに肌に完全に密着しているし、40分間心地よい冷たさが続いた。


1万円でこの施術内容ならお得かもしれないが、それでも韓国のエステにもっと期待していたんだと思う。

それか施術パワーがかなり弱かったのか、反応して黒くなったシミは小さく、それに極僅かだった。

それらは5日後くらいに取れたが、極わずかな為、殆ど変わりない。ように自分では見える。

まあ、もともとカウンセリングでも、5回くらい続けることを勧められたから1回の効果はこんなものなんだろうなあ。

パワーをあげすぎると効果も’あるが副作用もあるしね・・・


それから約2週間後にメルボルンに帰ってきて同僚数人やパッくんに、
「肌きれいになってない?」と言われた。

自分では分からないが、1回の施術でも多少の効果はあるみたい。


私たちが行ったところは、ミョンドンの街中にあるDANA クリニック。

カウンセリングがしっかりしていて、その時点でここなら安心できる、と確信できた。

施設内も清潔、綺麗で、激混みではないが、韓国人女の子たちが待合室には絶えず数人いる。

ただ書いた通り、韓国人同僚がカウンセリング内容全て通訳してくれた為、彼女なしでは英語・日本語でどの程度コミュニケーションが取れるかは不明。

私のカルテは残っているので次回ソウルに来る時はまた来ちゃうかも。

















  


Posted by メル好き at 06:32Comments(0)韓国旅行

2016年11月05日

日本・韓国旅行⑤ ソウルで食べた美味しい物

チェジュからソウル到着、ここからもう1人の中国人同僚が加わり、この日から4人でソウルのお宿で3泊した。

韓国人同僚の選んだ宿はノクサピョンにてAir B n B。

韓国は8年ぶりの私は知る由もないが、このノクサピョン、お洒落な街として人気上昇中とのこと。

駅から宿までの移動中、それはよく分かった。
細い道に昔ながらの商店が並ぶのに交じって、お洒落そうなレストラン、バーがぎっしり。

駅を降りると街中にアメリカ軍ベース。
韓国にもあるベース、沖縄でしか見たことないベースをここで見るとはなんとも不思議な気分。


徒歩15分くらいでお宿到着。
アパートの1室の宿に到着。
2ベットルームの、至って普通のお宿だったが、予約した彼女も知らなかったことに屋上に広々のラウンジ・スペースがあった!



この広さ、私たち4人だけのものなんて素敵。



ほかのお宅もみんな屋上があるみたい。

この日夕食のためノクサピョン辺りをうろうろしてて結局美味しそうで入ったのはイタリアンレストラン。




韓国の料理の鉄人のような人のレストランのようで頂いたパスタ、サラダ、ステーキなどなど全て美味しかった〰。写真ないのが残念。。

ちなみに何でも安い韓国なのに、ここで頂いたワインの値段はオーストラリア並でした。
(料理の値段は安かったのに。)


翌日はミョンドンで買い物途中にさくっと



カクテキとイカのキムチと何も入ってないシンプルな海苔巻きのセット。
この辛いソースにご飯を絡め頂くこの味、韓国人同僚がメルボルンでも時々欲しくなるの物だと。




辛くて美味しかった。

この日の夜は8年ぶりに会う友人に会いに別行動。
夕食はサムギョプサル!ぼけぼけ写真で失礼。




2件目はマッコリ&チジミ。

このお店は8年前にもこのメンバーできた懐かしの場所。



このやかんにマッコリを入れ、



好みでヤクルトを入れ、友人3人とも韓国人、手慣れた手つきでヤクルト・マッコリを作ってくれます。



このカップで頂きます。まろやかで美味しいっ。





翌日夕方、私だけ早く宿に着いたので




ベランダで1人でビール時間。この開放感が最高!

狭い空間で4人ずっと一緒にいると窮屈になってくるから、旅行中って1人の時間も大切よね〰。


野菜を多く採れる韓国料理だが、あれもこれも食べておきたいって食べすぎて太っちゃった。

まあ私のホリデーはいつもそう、帰ってからダイエットしよう・・・
















  


Posted by メル好き at 11:39Comments(0)

2016年11月03日

日本・韓国旅行記④ ソンサンイルチョンブン マンジャングル そしてまずいカレーの思い出


ウドの後の目的地は、フェリー降り場から30分くらい歩いたところにあるソンサンイルチュルボン。

何の下調べもなしにやって来て、韓国人の彼女が全てを計画してくれた今回の旅だったけど、あとで調べるとここは、10万年前の海底噴火によってできた巨大岩石と。へええ。

頂上までの階段を延々上っていきます。30分くらい掛かったかな。




到着!頂上からの景色、きれーい。




登りが結構きつかったから、もっと高さがあると思いきや180m、そんなものか。




反対側の景色は噴火口側



携帯カメラでは限界だけど、大昔に噴火したような窪み、分かりますか。

そうは知らずに見てたけど、大昔の海底噴火が今はこんな綺麗な状態で地上で見れるなんて。
下調べをしておいてそう思って見たかったな。。悲

帰りも階段を下っていきます。





2007年に世界自然遺産にしてされたようで、ここは人が多く、ウドよりも観光地っていう感じがした。でもお勧め。




朝日を見るスポットとしても有名なそう。綺麗! (写真は観光オフィスからお借りしました)


この日の夕暮れ








ダイヤモンド富士ならぬ、ダイヤモンド済州島のお山になってる〰。


チェジュ島3日目のフライトは午後便だったので、午前中に空港までの道中にあるマンジャングルへ最後の観光。

ここも今更ながらに調べると30万年〰10万年前に形成された世界最長の溶岩洞窟。これまたへええ。

道中に説明が書かれたサインが何か所もあったが、日本語で読んでいても何回も読まないと理解できないくらい専門的用語が多かったが。。
溶岩によって運ばれた岩が残っているもの、溶岩の高さの経緯が分かるものなど、じっくり読んでいくと面白かった。



たった2泊のチェジュ島観光も終わり、チェジュ空港に到着。

2泊3日の済州島の旅、当初レンタカーも考えていたが、結局移動は全てタクシー。
タクシーの安い韓国、そして3人旅のため経済的でもあり、結果良かったかな。


空港にてさくっとランチ。チェジュ空港内1番奥のフードコートにて



友人は冷麺、とんかつ定食、私は、



久々カレーが食べたくなりカレーにしたが、今回の旅で1番の大外れ。

韓国のカレーってこんなにまずいの?それともここだけ?コクも旨みも辛みもないカレーでした・・

お隣カップルのビビンバは美味しそうだった。素直に韓国料理にしとけばよかった・・・











  


Posted by メル好き at 13:26Comments(0)韓国旅行

2016年11月01日

日本からのお土産 空港の計測器を使い、重量ギリギリまで日本の買い物


先日ビールのおつまみで頂いたのは


東京で7年ぶりに再会した友人からお土産に頂いた揚げぎんなん。

初めて食べたけどこれ美味しいっ、これは次回も買いたい。

(銀杏とかボックス・ヒルとかで売ってるかな、買ってきて揚げて食べてみたい)

そして自分へのお土産は・・・




大昔に購入したアナログ体重計は,正確なのか不正確なのか不明のため、今まで滅多に使用していなかった。

正確な体重計があれば、やっぱり計ってしまう。
そして現実にゲンナリ・・・

これが家にあることで、ダイエットの励みになるかな?


以前は日本に帰るたびに、化粧品類などの消耗品をたっぷり購入してきていたが、その量は8年たつと減ってきた。

消耗品はオーストラリアの物に慣れつつあるけど、服・靴・鞄はやはり日本に帰るとここぞとばかりに買っちゃうかな。


今回は(も?)利用航空機はジェットスター。
往路は委託荷物なし、復路は20㌔の委託荷物を追加した。

日本に帰ると買いたいものが多い私と、意外にも日本での買い物が好きなパッくん。
宿泊先のホテルで最後の最後までスーツケースの重量確認し、限度いっぱいまでお買い物するのが常。

今回最後に宿泊したのはカプセル・ホテルで、施設内に計測器はなかった。

成田空港到着後、チェックイン前にそこらにある計測器で荷物を測ると17㌔。

なのでコンビニで残りの3㌔分買おうとし(ほとんどお菓子になっちゃった)、合計18.7㌔でチェック・イン!
(あと1㌔分買えたって?笑)

結果、お菓子はお土産で貰ったもの含め


こんなに買ってきちゃった、ふふふ。しばらくは日本のお菓子祭りだわ。



本日はメルボルンはメルボルン・カップの為祝日。


これは先日のダービー・デイの日の新聞。

この2週間は大レース続きで、スプリング・カーニバルと呼ばれている。

競馬大好きパッくんはダービー・デイは友人たちとおめかししてお出かけ。

今日も朝からお父様と最後の競馬予想のツメを話し、予習に余念がない。

今回も日本のお馬ちゃん出頭。

全てのお馬ちゃんの無事を祈りつつ、Curren Miroticに賭けます!


  


Posted by メル好き at 09:25Comments(0)ホリデー