QRコード
QRCODE

アクセスカウンタ

2016年09月18日

大きな節目 80歳の誕生日会

ちょっと前だが、パッくん父80歳のお誕生日会の時のもの。

社交的なお父様、。
招待したい人沢山で、最初はゲスト100人超えるんじゃないかって勢い。
でも会場が家に決まり、人が入りきらないので、泣く泣く50人まで絞られてた。

パッくん兄家族もイギリスから帰ってきて、盛大な誕生日会。

顔なじみになってきたお父様兄弟、お母さま兄妹、仲良しの友人たち。

(私って自覚はないけどお喋りみたいで、あまり親しくない人でも延々と話せます・・・特に大好きなお年寄りとは。
若者と話すのは苦手かも)

この日はケータリングの人もいたので、お料理や飲み物サーブ・片付け心配もなく、皆がひたすらお喋り・リラックスできた。





会も終盤、ケーキが登場。
ハッピーバースデーと皆で歌い、そしてスピーチ。

もともとお喋りなお父様、このスピーチが長かった。

自分の兄弟1人1人との思い出話が始まった。

1人目の兄との話に10分くらい費やした時点で、皆が
「これはとんでもなく長いスピーチになるぞ」と思いはじめた。

20分経過した時点で、
「途中でトイレ休憩はあるの?」
「ハーフ・タイム休憩にしよう」
と皆に茶々入れられながらも、お父様はマイペースに、
「兄弟が多いんだから仕方ない」と急ぐ様子もなし。

立って始めたスピーチだが長くなり、差し出された椅子に座ったお父様、
スピーチはまだまだ続きます。

殆どの人が知らない兄弟の秘話、昔の苦労話もあり、ほろっとしたり、大笑いありで。


スピーチは35分間続いた。
下の兄弟2人の話をする時間がなく、
「続きは90歳の誕生日会で」と閉めたお茶目なお父様だった。


10年毎のお誕生日会は大きなイベント。

節目節目に盛大に祝い、普段言えない話なんかするのもなかなかいいアイデアだな、と思った。


お喋りで冗談好きな、でも厳しい時は厳しいお父様、たまに突拍子のない事を言う私の事を面白がって、とっても可愛がってくれている。

私はおじいちゃん子で、、友人から言わせれば、私とおじいちゃんはまさにちびまる子とおじいちゃんの関係、と言われていたが、それに近いものがあるように勝手に思っている。

競馬、スポーツが大好きで、週末は親友のようにパッくんとTABに行き競馬馬券を買い、MCGに一緒にフィッティ―観戦するのが大好きなお父様。

甘いもの、こってりしたものが大好きで、境界糖尿病になり、食事療法・運動を頑張っておられるお父様。

パッくんがボーイズ・ナイトで出かけた事を知って、今日も私を夕食に招待してくれた。
夕食後まだ夜の8時にもなってないし、徒歩2分の距離なのに、一緒に歩いて送ってくれようとした紳士的なお父様。
(夜勤後にトラムストップから歩いてる私をパッくんが迎えに来てくれたことなんてないのに)

どうぞどうぞ、いつまでもお元気でいてください。





  


Posted by メル好き at 09:17Comments(2)イベント