QRコード
QRCODE

アクセスカウンタ

2016年07月25日

巻き舌できますか?

最近もたまーにスぺイン語習ってます。

ここで、出くわした難関、それは巻き舌。

というのも、スペイン語、やたらめったらRの発音巻いてて、視聴者の私達にも
「さあ、ここのRは巻いて・・」と言われても、

昔っから出来ませんっから!

練習すれば出来るのか!?と思い、You tubeで検索して練習してみたがやはりできない。

(その中で懐かしの探偵ナイトスクープが出てきた。
その中の依頼者のお母さんは、練習にて見事に巻き舌できるようになってた!)


人口の20%くらいは巻き舌が出来ないらしい。


先日飲みの席で、パッくんの友人で5か国語が話せるオージーと言語の話になった時、ふと思いだしこの話をしてみたのだが、彼も巻き舌が出来ないと。
(イメージ的に西洋人は皆巻き舌できると思ってたけど、やはりできない人いるみたい)
ロシア語が話せる彼、ロシア語もかなり巻くらしいが、彼は巻けない為、
いまいち迫力に欠けると言ってた。

巻けなくっても生活に支障はないが、巻けない私たちからすれば、
巻くのって憧れicon12


練習することで出来るようになるらしいので、時々家で練習してる。
「ㇽラ、ㇽリ、ㇽレ、ㇽレ、ㇽロ」って。

たまにそれがうるさいようで、パッくんには、
「もう、うるさいな、練習は通勤のトラムでやって」なんて馬鹿にされてる。。


ああ、憧れの巻き舌。。。。


  


Posted by メル好き at 22:22Comments(0)英語

2016年07月24日

注文注意 臭ウマいラクサ ペナン・ラクサ

臭いけど美味しいもの。
ブルーチーズ、ドリアンなどなどありますが、これもその1つ、
ペナン・ラクサ(アッサム・ラクサとも呼ぶらしい)

ペナン島に旅行した時に初めた食べたこのラクサ、美味しくってすっかり気に入った。

その後何年前かシティのラクサ・バーで再度食べたが、この時も強烈な匂いだったが、とっても美味しかった。その時の記事→こちら 

今回頂いたのはメルボルンでは有名なレストラン、ラクサ・キング。
人気店のここ、その日も平日夜だったけど行列ができていた。
が、2人テーブルはものの数分で着席できた。ほっ。

久々に頂きましたよ、ペナン・ラクサ


これが運ばれてくると、やはり、臭いっ。

どんな臭さかというと、魚の生臭さのような・・・・汗

このペナンラクサ、サバからダシを取ってるようで、スープは魚の煮汁そのものです。

日本人には割と馴染みのある匂いかもしれないが、これを食べれる時はいつも他の客からの視線が気になります。。。(特に白人客からの)

でも、以前にも述べたが、これ美味しいんです。
この濃厚なスープと、ツルツル麺、たっぷり野菜の絡みがクセになる旨さ。

ここのスープより、ラクサ・バーのスープの方が濃厚だったかな?


クセになるこの臭ウマラクサ、お試しあれ。


  


Posted by メル好き at 14:52Comments(0)グルメ

2016年07月19日

NZ旅行記 魅了されるMilford Sound ミルフォールド・サウンド

Te Anau テアナウ到着して翌日はMilford Sound ミルフォールド・サウンドへ。

テアナウはミルフォールド・サウンド観光の拠点の町なので、ツター会社も街中で簡単に見つけられた。
私達は到着した日の4時ころツアー会社に出向き翌日のクルーズを予約した。

売れ切れを恐れ、早めにネットで予約しようとも考えたが、クルーズを扱ってるツアーは多いので、私達のように前日予約でも大丈夫そうです。
(でももうこのクルーズって決めているのであれば、早めの予約をお勧め)


テアナウからミルフォールド・サウンドまでのドライブ、道中見どころが多く、ツアー会社で見どころ記載の地図が貰えます。
地図を事前にプリントアウトし、どこに行きたいかある程度決めていた。
多めに見てドライブ3時間を考えたが、思った以上にこの途中の景色に魅了された。

何もないこの大自然の中に立たずむパッくん




ここは年間降雨量8000㎜、1年のうち230日は雨の日というところ。
実際私達の到着する2日前まで大雨でこの道も通行止めになっていたらしいが、幸運なことに私達が行った日はこれ以上望めないくらいの晴れのお天気。
加えて数日前の大雨のため滝や川は迫力があるという最も恵まれた
コンディションだった。

至る所で小休憩しつつ、素敵な3時間弱のドライブを終え、ミルフォールド・サウンド到着。

左の船が私達が乗る予定!早くのりたーい。

ツアー会社のお姉さんお勧めの会社の船はReal Journey,
小さめの船で乗客も少な目、きっと30人くらいしか乗ってなかったと思う。
(Nature Tour やら色々種類があったが忘れちゃった。でもツアー会社のお姉さん曰く、小さな船はグループツアー客もいなくお勧め)
(今更船について調べてみたら、最近は格安のクルーズもあるみたいだが、この船は良かった)







小さめの船だから、滝もま近まで行け、(滝のほぼ真下まで行き、お好きな方は滝の水しぶきを存分浴びてくださいっていうサービス付き?だったので、パッくんなんてビショビショになってた)

ここはフィヨルド地帯。(大昔この言葉習ったねえ)
(昔、フィヨルドという言葉が浸透していなかった頃に名づけられたので、入り江という意味のSoundが使われているそうだ。)
海面から1000メートル、2000メートル級の山々がそびえ立っているこの景色は圧巻だった。


3時間のクルーズを終え、同じ道を通りテアナウまで’帰りますが、







帰りもこの景色に圧倒されまくり、至る所で車を止め歩いてみた。

そびえ立つ山々のサイズ伝わりますか?
一番下の写真の下の方に小さく映っているのが車とか。

大自然に圧倒される、今回の旅での一番のハイライトの場所となった。

ここはたどり着くまでに時間が掛かるけど、一見の価値ありなところです。
(お金に余裕のある方は、クイーンズタウンからヘリコプターツアーもあるみたいですよ)

事前に調べている時、この辺りは大型バス満載でレンタカーは危ないとの情報も見たが、出来ることならレンタカーが断然お勧め。

自分達の好きなところで好きなだけ止まれ、周り・集合時間時間を気にせずに自分の時間に浸れる、というのがこのルートの醍醐味だから。
(道も思っていたより広く、天気も良く道路も乾いていたため、怖く感じる事は全くなかった。ずっと助手席で運転しなかった私が言うのもなんですが・・・)


世界的に有名な観光地らしく、大型ツアーバスで来ているアメリカ人大集団、小型バンで来ている日本からのパッケージ日本人客の方々、沢山見た。

私は旅行の計画をするまで聞いたこともなかったが、全力でお勧めです、私もまた絶対行きたい。






  


Posted by メル好き at 09:54Comments(0)ニュージーランド旅行

2016年07月17日

私も行ってきました Tofu Shop

グルボルンさんの記事を拝見し、私も早速行ってきました、
ここTofu Shop。

通勤路なだけあり、ここの存在は長いこと知っていた。

が、お店の外観が何だかNoodle Boxのお店を彷彿させるのと、
健康志向に見せかけてるだけのお店だろうという先入観で、長いこと見向きもせずにいたの。。



1番小さいお茶椀サイズに、5種類入って12ドル。
そんなにお腹が空いてなかったのでこのサイズで丁度良かったけど、普通だったらミディアムサイズがいいかな。

10種類くらいある中から、私はマーボー豆腐、キクラゲ、ローストパンプキン、ビーフン、もやし炒めを選択。

一緒に盛られるから混ぜ混ぜになるが、この上に乗ってる豆腐ソースですべて絡め食べたけど・・・
美味しかった。

1品1品は普通のお味だが、きっとこの豆腐ソースのお陰。

店員さんに「このソースが美味しかった!」と伝えると、
「このレシピ・ブックに作り方乗ってるよ〰」
と教えてくれたけど、レシピブックは35ドル・・うーん・・辞めとこう。

これはまた行って、じっくり「これは○○が入ってるな」と推測し、まねてみなければ。


このソースがあまりにも美味しかったので、豆腐も1丁購入。


今夜食べるのが楽しみ〰。


私のようにお店の外観に騙されず、1度試してみてください。
リッチモンドのブリッジ・ロードです。








  


Posted by メル好き at 12:49Comments(0)グルメ

2016年07月15日

OPショップはお好きですか クリスマス・ジャンパ―の代わりに可愛いトリマグ見っけ

Oppotuniny Shop 、略してOPショップ。
古着のみならず、食器類や本、スポーツ用品、誰かに使われていたもの、もしくは家に眠っていて使ったことないものを、次に要る人に格安にというコンセプトのお店。

嫌いな人は嫌いだと思うけど、私は好きです。


今回は欲しいものがあり、今日5件回ってきた。

その欲しいものというのは、クリスマス・ジャンパー。
サンタクロースとかトナカイとかの柄の、あのダサいセーター。
(ブリジット・ジョーンズの日記で、コリン・ファースが着ていたあれ)

職場の仲良し達で、(今、仲良し達とタイプしたら、馬鹿良し達ってタイポしちゃったけど、まさに馬鹿良しだけど・・・笑)
クリスマス In Julyとの面目で、みんなで飲みに行こうぜーって企画してるけど、そのドレス・コードがクリスマス・ジャンパー・・・・

そういうコスチュームとかが好きな面々なので、みんな張り切って早々とイギリスからオンラインショッピングしたらしい。

私はわざわざ買うのもなと思い、OPショップで探そう、なんて思ったが、全く売ってない。。
(まあここはクリスマスが夏だから当然というばそうだが、意外とOPショップにはあるかななんて思っていたが)

しかも5件のうちの3件は年配の店員さんで、
「クリスマス・ジャンパー売ってますか?」との私の質問に、
「え、クリスマスなんてまだまだ先でしょ」と半笑だったし(!?)

若い定員さんだったとこは、
「あー、ないのよね・・沢山の人がクリスマス In Julyで探してるのか聞かれたけどね」って言ってくれたけど・・・・

そんな中で発見


鳥マグ。これは新品のマグで3ドル。

鳥好きの私達。色違いでパッくんにも購入したけど、
「可愛いね、ありがとう。えー、OPショップで買ったの、うえー」って言われちゃった。彼はOPショップ嫌い派ですからね。言わなきゃよかった。

これは別の日の勝利品(?)


AFLのホーソン・チームのマフラー。
メンバーには毎年配られるので、この元持ち主のように19年間もメンバーだったら、そんなにマフラー要らないでしょ。

なので、チーム・ホーソンの本拠地、ホーソンのOPショップは新品の袋に入ったままのマフラー山積みでした。
私はもう既に持ってるけど、2ドルだったので思わず買っちゃった。

過去にも私は鞄、服、お皿、グラス、ゴルフセット等々、格安に購入しOPショップお世話になってます。


クリスマス In Julyは来週、それまで更に別のOPショップ回ってみるか。。
(そこまで欲しくもないので熱意はないけどね。。)





 


  


Posted by メル好き at 18:57Comments(0)お買い物

2016年07月14日

冬の日の散歩道 冬のお花満開

予定より早く仕事が終わった今日。
スカッと晴れ渡った青空、このエクストラ時間を真っすぐ帰宅ももったいないかな、と思い、いつものトラム道、降りたことない所で途中下車、この辺りをお散歩してみよう。

シティからすぐすぐのホーソンでも、大通りから1本入れば閑静な住宅街。

お高いエリアのホーソン。
素敵な家々、素敵なお庭を眺めつつ、知らない道をウロウロ。



スピード規制表示より、こういう表示の方が効果ありそう。



冬のお花マグノリアも咲き出した。

なんて可憐なマグノリア。見るたびにうっとりする美しさ。

この華麗さを我が家のお庭にも?とも思うけど、開花期間が他のお花たちに比べ短いのよね。
その分儚い美しさが強調されてるかもしれないけど、まだ考え中。。




この椿の花の密度凄い。葉っぱよりお花が多いくらい。

次から次へと冬の間中咲いてくれる椿は今年2株購入済み。

まだ小さな鉢植えサイズだけど、それでも次から次へと頑張って可愛い花を咲かせてくれている。


遠目にワトルの花らしき黄色の花も発見した。
去年冬の終わりかけの辺りでワトルが満開だったような記憶があるから、春ももうすぐか?


青空の下、素敵なお散歩を楽しんでいると、
「きりっと冷えた空気の中のお散歩もいいものだ、冬もなかなかいいな」
なんてちょっと思ったが、青空も2時間程度で消え、曇り空になっちゃった。

やっぱり冬は4週間程度でいいや。
春よ来ーい。


  


Posted by メル好き at 14:49Comments(2)街角ショット

2016年07月11日

ここはまるで中国のマーケット ボックスヒルでの買い物が楽しい

月1・2で出かけるボックス・ヒル。
ここはメルボルンの中国人密集地帯、なのでここのマーケットはまさに
中国!

この日は餃子の材料をマーケットで購入したが、ニラも餃子の皮も勿論,
ここでは全てが簡単に手に入る。

この日はニラを買いすぎてしまったため、ニラレバも作ろうかと牛レバーを探し出したが、
牛のレバーって意外と売っていない。
どこのお店も豚レバーは売っているが牛レバーがない。
最後のお店でやっと見つけた。

写真取らなかったが、大きーな牛さんのレバー。

400gだけ欲しかったのでそこからカットしてもらったが、元々の値段が
キロ$2,50なだけに1ドルちょっと。
レバーってそんなに安いのね。

レバー好きな私は、
「よっしゃ、これはいいもの見つけたぞ、美味しくって安いなんて!」
と思ったが、パッくんはあまり好きでないようで、箸が進んでなかったよ。。

(家に帰ってレシピを調べたらレバニラって豚レバーなのね・・・・、まあ同じような味だったけど・・)


豚の頬肉も売っていた。
これが赤身と脂身の混ざり具合がマーブルで美味しそうで購入。
これは野菜とオイスターソースで炒めたものと、キャセロールに使ったけど美味だった。
初めて購入した頬肉だったけど、これはいいもの見つけた。
値段も割とお手頃。㌔14ドルだったかな?

他にも、お肉コーナーは売ってない部位はないってくらいの充実ぶり。


最近見つけた野菜売り場近くの惣菜屋さん。
豚ミミの惣菜やら、牛筋の惣菜やらお漬物やらが、大コンテナが$10、小コンテナが$6とお値段もお手頃。
ここのお店も要チェック。


フードコートも充実している。
殆どが中華料理だが、どこも混んでてどこも美味しそう。


銀行もここは何故か土曜日も開いている。
ローンのことで丁度話したかったので2人で仕事を気にせず行ける土曜日に開いている銀行はありがたい。


ショッピング・センターの周りもいつも混んでる飲茶屋さん、台湾系のパン屋等々、
まだまだ奥の深そうなボックスヒル、今後も気になるエリアでっす。  


Posted by メル好き at 22:14Comments(4)家グルメ

2016年07月10日

醸豆腐 ヨントーフ 再び@Boxhill

週末のお買い物へ先週末はボックス・ヒルへ。

ヨントーフが本場のシンガポール人同僚から
「ボックス・ヒルのヨン豆腐はお勧めよ」
と言われたのを思いだして行ってきましたこちらのお店。



ボックス・ヒルのフードコートはいつも大勢の人で溢れているが、
この店Asian Grain Cafeもいつも満員御礼。

お目当てのヨン豆腐、こんな感じで選びます。


お好きなスープ、麺、トッピングを選び、それらが合わさると、

こうなります!

わたしはいつもラクサスープ、卵麺を選ぶので、お味はほぼラクサ。

トッピングはどこも似たりよったりだけど、その季節、旬のものを取り入れている様子。

ほぼどこでもあるナスビは一押しです。(写真では一番下の物。トロトロで美味しかった〰)

この日はゴーヤもあったので入れたが、これまた美味しかった。

ここのお店が彼女の一押しらしいが、私はシティのお店の方が好きかな。シティのお店の記事→こちら

ラクサが好きな人は絶対好きなはず(ほぼラクサだしね)

いつもラクサスープだが、違うスープ、麺も挑戦してみようかな。



  


Posted by メル好き at 07:00Comments(0)グルメ

2016年07月09日

NZ旅行記 Wanaka Cadrona散策 Te Anauへ

問題ありのお宿でもなんとか眠れた私達、翌朝も起床後さっさと宿を後にした。(宿に居たくなかった・・・涙)

Lake HaweaからWanakaまでは10キロの距離。
湖を散策した後は軽くハイキング&山登りにMount Iron Walkへ。
長すぎず丁度いい距離かなと思い選んだこのトラックだったが、途中結構きつかったが頂上からは

絶景でした。

その後はCardononaまで30分くらい田舎道をドライブ。
ここに来たのはパッくん友人の一押しなパブがあるため。素敵なパブで一杯。


とってもいい雰囲気のお店でした。

こんな狭いお宿も2日目には慣れてきてた。
2日目夜は風もなく熟睡できた。慣れってすごいものだ。


翌日はLake Hawea から再度Cadrona経由の山道を通り、 Queenstown 通過、Te Anauまでの移動。
Queenstownには再度戻ってくるからとこの日は素通りしたが、この湖沿いの道は運転が楽しい。

こーんな景色を見つつ運転していくからね。



Te Anauでは再度Air B n Bの宿。
ガレージに隣接した、キッチン・シャワー全てある独立したコテージ。


ここに到着した時は前日の宿の事もあり、嬉しさひとしおでした。

ここにお住いのカップルも素敵な方で、手作りデザートを頂いたり、会うたびに会話を楽しむことも出来た。

ここTe Anauでも驚くことに日本人の方に数人お会いした。

たまたまパンを買ったとこの店員さんも日本人だったし、お土産屋さんのオーナーさん、そしてお土産屋さんの隣には日本食カフェまであった。
この時は丁度食事を済ませた後だったのが本当に残念。日本人の方がオーナーのお店だったのに。(お肉・チップス中心のNZの旅で日本食欲していた時だったからね)

メニューも素敵〰。次回来た時は是非来ます。

Te Anauに来た目的はMilford Sound。

ここは思っていた以上に素敵で今回の旅のハイライトになりました。












  


Posted by メル好き at 07:51Comments(0)ニュージーランド旅行

2016年07月06日

やっぱり美味しいベトナム風コールスロー

メルボルンに来てはまったベトナム料理。

過去5年くらいは懲りずにずっとフォーを食べていた。(勿論今でも好きだけど)

ちょっと前にも記事に書いたが、最近のお気に入りはこれ、コールスロー



レストランによるが、だいだいポークかエビか選べ、エビ煎餅がついてくるところも多い。


メルボルンのベトナム・エリアはフッツクレイ、リッチモンドのビクトリア・ストリート。
(スプリングベールもそうらしいが、数回しか行ったことがない)

このお店もビクトリア・ストリートにあるLoi Loi、甘酸っぱいソースと絡む野菜&ジューシーなエビとの絡みが美味しかった〰。

試したことない人は是非、お勧めでっす。
  


Posted by メル好き at 07:11Comments(0)グルメ

2016年07月03日

NZ旅行記 氷河三昧とあり得なく安い宿 安い宿には訳がある

氷河で有名なFlanz Josef Glacierにはお昼頃到着。

チェックインし、早速向かったのはメインの氷河です。




前日までの半袖続きの気候から一遍、小雨の降る寒い日だったが、雲が立ち込め幻想的な雰囲気だった。

ここのお宿、Sir cedrias Chateau Franz Backpacker&Motelは、
山小屋のお宿といった感じ。バスルーム付1泊$89AUD。
簡単な朝食、夕方にはスープも振る舞われ、お得なお宿でした。

バック・パッカーとかの”共同の”っというのが嫌いなパッくん。
今回も計画の段階で「バッパーは嫌だからね」と言っていたが、計画・予約とかが苦手な彼、計画は全て私がしたため予算の都合もありバッパーも取り入れた。

結果、「そんなに嫌じゃなかった。」と。
ふふふ。バッパーにも徐々に慣れてきたぞ。


翌日は Fox Gracierへ。




お天気の良かったこの日。同じ氷河でも雰囲気が全く違う。寒いけど小雨が降ってる方が滝も迫力あっていいかも。

その後は今夜のお宿Lake Haweaまで移動です。



湖が見えてきた!

お宿は、
ここね、他に比べ格安だったんです。しかも

確かに景色は凄かった。



こんなゴージャスな景色が部屋の目の前なんだけど、問題はお部屋。




車の右にあるのが私達のプレハブ、いえいえお部屋。

ここね、最初に見た時はここは物置の小屋でしょ、てスルーしてなかなか見つけられなかったの。
何度も地図を確認しながら、キャラバンパークに点在する部屋を見つけようとグルグル回っても見つけられず、最後に
「まさかこの物置小屋が部屋じゃないよね・・・・」って恐る恐るカギを入れると、見事に鍵穴に合い、
「Oh my god!!!!!」となった部屋だったの。

この小ささが伝わるかしら、伝わって。
これね、明らかに客室として建てられたわけではないの。
従業員の仮眠部屋を
「ベットがあるからこれも客室の1つとして客をいれよう」っていう魂胆丸見えの、小さなベットがあるだけの部屋。
しかも狭い部屋に無理やり小さい冷蔵庫を入れてあるから、スーツケースも広げれない広さなの、あり得ない・・・

パッくんは「こんな小さな部屋、夜中に空気が無くなって窒息するよ」って本気で心配するくらい。

しかも共同トイレ・シャワーは100mくらい先にあり夜中にトイレに1度は行くわたしからすれば地獄。

キッチンの隣に共同のリビングがルームがあると聞いたから、部屋に帰らずそこで時間を過ごせばいいか・・と思い見に行ったが、キッチンもリビングも狭く、寛げる雰囲気は全くなく、その案も却下・・・

受け付けに文句を言ったけど、ハイシーズン中で空室が他に無く・・・

一刻も早く部屋を離れ現実から目を背けたかった私達、夕食を食べに出かけ遅くに帰ってきて、まさに寝るだけに帰ってきた。

しかもこの夜は大風で私達の小さなプレハブは飛ばされるか、すぐ目の前からの湖から高潮で流されるのかと思った・・・笑 
今となっては笑えるけど、この時は本当にストレスだった。。。

教訓 安い宿にはそれなりの理由がある!






  


Posted by メル好き at 08:33Comments(0)ニュージーランド旅行

2016年07月01日

スペイン語にはまる

英語もまだまだだけど、いい加減飽きてきたので(笑)、スペイン語を習い始めた。

習い始めた、と言ってもYou Tubeでですけどね。

でも流石You Tube様。
NKHのテレビ講座もあれば、個人がアップしたものも多く、見るものに尽きない。

大昔のスペイン語講座から見始め、ようやく2016年度のNHKテレビでスペイン語まで辿り着いた。

シェア・ハウスの居間でワイン片手に、夜な夜なスペイン語で語らうという場面が毎回あるが、
本当にワイン飲んでるでしょう、あなたたち!?

ちびちびとだが、あれはぶどうジュースに見えない、天下のNHKさん、
ありですか!?

プロデューサーもスペイン人とかで、「ああ、ありあり〰」みたいなノリなのかな?


日本人にとっては発音も難しくないスペイン語、ちびちび頑張るぞ〰。
  


Posted by メル好き at 15:55Comments(0)英語