QRコード
QRCODE

アクセスカウンタ

2016年03月28日

食べれないと思うと余計に食べたい

引き続きIVF話です。

現在妊娠判定待ちの身。

妊娠している可能性があるからという理由で、妊婦の方同様、食べれないものがあります。

刺身、生肉、カキ等、チーズも白い系(フェタやブルーチーズはダメと)


そう思うと余計に食べたくなるのは人のサガ・・・・・


でもこれも予測済み、今回もEmbryo Transfer前に食べたい物しっかり食べておきました。

Kenjiさんの寿司


別の日にまたもや





ボケぼけですが、Syoyaさんでサーモン・いくら丼。 Syoyaさん火事にあったらしいけど再開したのかな?



半額の時に買っておいたチーズもまだまだあったので、毎日のように食べてたし。。


着床したんだったらもう起こってるはず。

着床出血もなかったけど、まだ可能性はある。

Bondiプロトコールのクレキサン注射も毎晩痛いけど、自分に「可能性はある」と言い聞かせてポジティブでいるようにしてます。  


Posted by メル好き at 08:59Comments(0)

2016年03月24日

Embryo Transfer終了 そして今日も針治療へ

昨日無事にEmbryo Transfer終了。
(その前のサイクルは2つ採取できた卵ちゃん達どちらも受精できずという結果だったので、当日も携帯にいつ中止になったと連絡来ないか1日ドキドキでした・・・・)


対面したのは4分割の卵ちゃん。

神秘的な可愛い卵ちゃんでした。

その後は例のごとく歩き方もゆっくり。

針の先生に言わせれば運動も良くないとのことで、いつもは電車通勤で駅から職場まで15分徒歩の距離もどうかと思い、車通勤。
その後針治療へ直行してきました。


今までお腹に針を刺し、微電流(?)を流していたけど、電流もなし。

手首足首、足、頭に針を刺して45分くらい放置。

足に刺されたときは痛っと感じたがその後すぐ慣れ、この間も時々うつらうつら寝ていた。

今まで電流流されたのに比べると、何だか物足りない感が。

うーん、針治療って謎というか、奥深いというか。

来週も来てね〰、とのことで来週も予約した。


明日からイースター4連休と、私にとってそぞろ歩きで過ごせる、ゆっくりできる有り難い状況。

今日は近所の行列の出来ていたパン屋さんでホット・クロス・バンも買い準備満タン。
(ってそれだけで、お昼はパッくんご両親宅でランチ予定なので、私は何も準備していないが・・・)


それでは皆様も素敵なイースター・ホリデーを。







  


Posted by メル好き at 17:49Comments(2)医療

2016年03月23日

今日はいよいよEmbryo Transfer

前回の続きです。

今回のサイクル、Gonal増量後、採取できる卵ちゃんは2つかな、と主治医は睨んでいたが・・・・

月曜日に採卵。
今回も静脈麻酔で吐き気・痛みも大きくなく、9時半手術開始、11時前には退院という早い回復ぶりだった。

まだまだ眠い回復室で主治医発見、眠気よりも気になる卵ちゃんの数を訪ねると1つだけ採取できたと。

エコー上見えてたもう1つの卵ちゃんは水分のみを含んでいる機能的でないものだったと。

この知らせに私はがっかりを隠せなかったが、主治医は
「1つでもいい卵だったら十分だ」と励ましてくれた。

が、この夜はまたもや眠れる気配がなく、眠剤飲んで多少眠れた。



火曜日、調子もすこぶる良く仕事に出かけた。

携帯に、見かけたことない電話番号からメッセージが残っており、聞くと培養士さんからのメッセージだった。

培養士さんから電話なんて今までかかってきたことない。
この時点で私は心臓バクバク、受精できなかったのかな・・と心の準備をし掛けなおすと、
「無事に受精できましたよ」との知らせだった。



たった1つの卵ちゃん、Day5まで培養するのは危険なのでDay2の今日、Embryo Transfer予定。

受精できたと電話を受け取ってすぐ、針治療の予約をした。

メルボルンIVFでチラシを見かけたところに確認すると、そこではTransferの直前・直後に治療を行うとのこと。

訪ねたことのないこの治療院、どんな先生かと受け付けの方に尋ねると、白人系オージーっぽい名前だった。

針治療はやはり中国人の方が効果ありそうって思ってる私は、長らく通ってなかった古巣の中国人先生の所を予約した。

Transfer前の今日の午前中と、明日の午後。


侵襲を伴う採卵は全く緊張しないが、Transfer前はガチガチに緊張しちゃう私。

朝から料理をし、ちょっと庭仕事をしと、普通を心がけてるが緊張が隠せない。

どうして過ごすのが卵ちゃんの為にいいかっていつも考えてしまっている。


最後の試み。
卵ちゃん頑張れ。
  


Posted by メル好き at 07:57Comments(0)医療

2016年03月16日

久々のIVF記事

前回のサイクルで最後!と臨んだのが、まさかの1つも受精できなかったという結果に、もう1回だけすることにしました。

私はシストができやすいので、前回ピルを2週間だけ服用(ホリデーの都合もあり)。
結果、2週間なんて短すぎたと主治医に言われ(そんなこと最初っから分かってるんじゃないのって思ったが)、

今回は5週間服用、ピルを止めて3日後には生理が来て早速スキャン施工。
主治医のオッケーサインが出て、サイクル開始となった。


私はFSH注射にて、卵胞の1つだけとかが一気に巨大化し、他の卵胞たちは全く反応しないので、今回はGonal Fは過去最低量の150mcgから開始。
同時にLuveris注射も開始となった。

Day8、注射をして6日目に再度スキャン。
大き目の卵胞1つ、小さめのもの3つという、私としてはあまり嬉しくない結果だが、私の体の反応としてはまずまずと主治医は満足そうだった。
そして小さめの卵胞たちを刺激するため、Gonal Fは300mcgまで一気に増量、Luverisも引き続きとなった。


11月から通いだした針治療だが、今回まだ1度も通っていない。

前回のサイクル時なんて、針の先生の言う通り、週に2回通っていて、言われるように魚を週に3回は食べ、クルミも毎日食べ、ブルーベリーも1日おきに食べ、緑黄色野菜も食べ、コーヒーも全く飲まなかったのに、1つも受精できないというそれまでより悪い結果に、何で と信頼が揺らいだのも事実。

1回の結果に振り回されず、通うことが大切とはどこかで思っていても、まだ飲み続ける漢方茶が残ってて、それを飲んでいるという安心もあり。
更には私の配転があり、シフトが完全に代わり、時間の都合上通うのが難しくなり、通わず仕舞い。


それでももしEmbryo Transferまでたどり着けたら、その前後には通おうと思っている。

それでも、以前のように、針の先生の言うことを完全に聞いてはいない。

コーヒーも飲みだしたし、食事もできるだけっては思っているが、以前のようにこれを食べなきゃ!って徹底してはいない。


色々な意見があるが、自分がストレスを感じない程度、尚且つ後々後悔のないように食生活も気を付けている。


もう2年以上も治療を続けていると、多くを望むこともなくなった。

結果がどうあれ、恐らく(今度こそ)最後の治療。一瞬一瞬を大切にしないと。




  


Posted by メル好き at 08:10Comments(0)医療

2016年03月13日

大満足 お勧めです、Air B and B

今回のニュージーランド旅行でAir B and B使いましたが・・・・・・・・・・

大当たり!


モーテルとかと同じ料金で、キッチン・リビングの付いた立派なアコモデーションに滞在できます。


enter>


ここはネルソンで、一通り揃ったアコモデーションで、


建物自体も独立してるからプライバシーも保たれる。
これだけ充実してて一泊$85とかでした。





これは別のアコモデーション。
小さいファームの中にあり、同じ敷地内だが母屋(?)オーナーさんの家からも300メートルくらい離れてたところでした。

洗濯機もついてる所がほとんどなので、長期の旅にはありがたい。


予約も簡単で、写真も正確だったので(私の訪れた4件は。きっとそうでないところもあるんだろうけど)、良かった。

予約後Air B and Bにフィードバックする仕組みで、きっとタチの悪いアコモデーションは制裁があり、今後リストに載せられないようになっていると思われます。


次のホリデーは未定だが、次回も必ず使います。

お勧めです、ホリデー予定の方、チェックしてみては?

  


Posted by メル好き at 08:18Comments(0)ホリデー

2016年03月02日

ニュージーランド旅行中

ニュージーランドを車で駆け巡る旅も2週間経過。

ニュージーランド、素敵。
大自然に圧倒されています。

ウェリントンに到着し、フェリーで南島に渡り氷河、フィヨルドランド、数々の湖、飲み込まれる星空を見て、ただいまクイーンズタウン滞在中。

お家のベットが恋しいような、家に帰りたく無いような。。

  


Posted by メル好き at 13:50Comments(0)ニュージーランド旅行