QRコード
QRCODE

アクセスカウンタ

2015年12月31日

またまた残念な結果IVF

休暇中もIVFでちょこちょこ病院へ通ってた。

(この業界は祝日、クリスマス休暇なんて関係なし、働いてる皆さんありがとう!)

11月終わり、12月なんて週1・2でスキャンに通い、卵ちゃんの元のフォリクルをチェックしてきた。

小さなフォリクルが5つ確認でき、遂にGOサイン、12月20日からFSH注射を始めた。

23日再度スキャン、5つあったフォリクルだが、注射に反応したのは2つ。もう採卵するくらいに大きくなっており、排卵抑制注射がこの日から開始になった。

26日再度スキャン。確認できたフォリクルはやはり2つのみ。

どうするか、キャンセルしてもいいし。と主治医に言われたが2つの可能性を信じ採卵に踏み切った。

28日採卵、朝から絶食し手術室へ。
(クリスマスで食べまくっていた毎日だったから、たまの絶食が本当に応えた・・)

静脈麻酔でフェンタノールだけ使ったって言われたから回復室についてすぐ辺りで目が覚め、その後も痛み・吐き気もなくすこぶる調子よかった。
13時開始の採卵で14時には病院出たくらい。

採卵できた卵ちゃんはやはり2つ。

数じゃない、質なんだ、と自分に言い聞かせたが、この夜は心配の為か、短期間だけど麻酔でぐっすり眠ったのか全く眠れず、2時まで眠れず、数週間飲んでなかった眠剤飲んでやっと眠れた。

翌日主治医から連絡があり、
「悪い知らせだ」と切り出された。
2つの卵ちゃんとも受精できなかったと。

針にも通いだし、針の先生が言うように魚・ナッツ類・野菜・果物食べてるし、コーヒーも辞めて、出来ることはやっているのに(たまーにのアルコール除)この結果。

ちょっと落ち込んだが、冷静にパッくんに連絡取り、主治医との話し合いの日時を決めた。

同時に気が楽にもなった。

IVFをしてると何だか気が張る、これをしなきゃ、これをもっと食べなきゃ、これはダメ、って気持ちが常にある。

この日は悲しいと同時に何でもできるって心からの自由を感じた。


30日、主治医との話し合い。
IVFを続けても妊娠の可能性はかなり低い。3%か4%くらいだろうと告げられた。
ドナー・エッグの話も持ち掛けられた。

私がもう1回治療したかったらどうするか、と尋ねると、FSH注射を更に低用量から始めてみては、と言われた。


2日間悩み、もう1回だけ治療したいと連絡をした。
なので、年明け4日にさっそくスクラッチ予定となった。


それでも、なんだか治療に対して100%乗り気でない自分が居る。

あの、心からの自由を奪われたような寂しさが混ざったような気持。


でも、自分が信じなくてどうする、今度こそ最後、信じて治療に取り組むぞ。






  


Posted by メル好き at 09:30Comments(0)医療

2015年12月31日

日本滞在記 沖縄到着 

大晦日、今日のメルボルンは最高気温39度予想で、10時の時点でもう外は暑い暑い。

カーテンも窓も締め切ると、家の中は何とか涼しい。
(クーラーのない我が家、こんな日が3日続くとこれも効きませんが・・・)

2015年ももうすぐ終わり、ともあれこの1年も、大きな病気もなく、楽しく過ごせてよかった。


年末の慌ただしさは私にはあまり関係なく、今日も家でのんびり過ごしているから、日本滞在記終わらちゃおう。




記憶を振り絞って〰、この日は神戸→沖縄へ移動ですよ〰。

9時20分のフライトだった為、今となっては思いだせないがこの日は早起き。

メリケンパーク・オリエンタルホテルから関空行のシャトルバス乗り場へとタクシーで向かったところ、車内で運転手さんに
「お客さん時間に余裕はありますか?湾岸線が工事してますよ」
と、ぎっくり発言。。。。

でもさすが日本のバス会社、10分遅れくらいで関空到着したよ。

しかも朝の6時台、7時台だったはずなのにバス運行も10分毎だったし、それに車内も満席に近い状態。
日本ってやはり人口多いのね。

余裕を持ってチェックインも出来、朝ごはんもしっかり食べいざ搭乗。

関空→那覇間は2時間10分のフライト。

途中鹿児島と思われる上空では、火山や湖がはっきり見えた。

更に飛行し、海の色が変わってきた、もうすぐ那覇だ。




2時間なんてすーぐすぐ、那覇到着。
予約しておいたレンタカー乗り場まで進む。

今回予約したフジ・レンタカー、選び抜いた末の最低価格、6日間ガソリン満タン返し不要で、¥16900、どうだっmark02

ところがここで安さの為か問題が。。

レンタカー・ピックアップ場所は、他のレンタカー会社の送迎バスと同じ乗り場だった。
他の大手のトヨタ・レンタカーだのが頻繁にお客さんをバンでピックアップしていく中、私達のバンは頻度が少なく、お客はまだまだ長蛇の列。

で、結局30分近く待ったのかな?でも沖縄上陸で浮かれていた私達には苦じゃなかった。

空港から10分程度のフジレンタカー・オフィスに行き、5年物のトヨタ・ビッツに乗り込みいざ出発icon17

ちなみに、美ら海水族館等の入場券は、ここのレンタカー・オフィスが一番安かったと思う。確か30%40%割引だった。
水族館近くのコンビニ等でも割引券は販売しているが10%オフぐらいだったはず。

パッくんも国際免許証申請したのに、オフィスで2人とも運転していいか聞き損ねた私達、6日間私が運転する羽目になりました。

那覇の町なんて余裕でしょなんて思っていたが、思っていたより都会で車線も多く最初10分は緊張したが、58号線で北へは一本道、以後難なく運転できた。

そして到着最初のお宿、日航アリビア。




今回の旅行で一番奮発の豪華ホテル。
それでも1人1泊朝食付きで¥8500プラス消費税、イエイ、じゃらんさん、またもやありがとうicon12

10月の大型連休も終え、ホテルもすいててまたもやアップ・グレードなるか、と期待してたがそれはなし。
お部屋は普通でした、ふふ。


それでもゆったりできる広さ、ベランダからも


何とか海が見えます。

スタッフさんに聞くと、ここのホテルは絶えず結婚式客が多く、常時お部屋の90%満室なのだとか。
年配の方も多かったけど親族なのね。

それに沖縄至る所かもしれないが中国人観光客が多かった。

ホテル内のラウンジで冷えたドリンクで喉を潤し、この日は夕方に近くの観光名所、残波岬へ。




夕日が綺麗なスポットとして有名らしいが、残念、雲に隠れちゃった。

夜はリサーチしておいた鳥居ステーション近くの亜門で夕食。
うん、有名なだけある、美味しかった、予約せずに行ったのでかなり狭い席でしたが。

運転手の私はオリオンビールを買って帰りホテルで乾杯food42

南国の空気がそうさせるのか、ここに来るとワクワク感が止まらない、明日からの5日間も楽しみだ!









  


Posted by メル好き at 08:26Comments(0)日本旅行

2015年12月29日

クリスマス休暇2015

今年の休暇は12日間icon12
今年も最後の2週間は忙しかった・・・はあ・・

仕事納めは22日。
この日は仕事後同僚カップルとダブル・デート@ライゴン・ストリート。

ライゴン・ストリートはメルボルンのイタリア人通り。
ひたすらイタリアン・レストランが並んでます。

私達はめっきり行かなくなったライゴン・ストリートだけど、ここが大好きな友人カップル、2週に1回は来てるのだそう。

マッスル蒸しから始まり、パスタ、チキンと食べまくり、お腹いっぱいになったけどなぜか食べちゃう食後のジェラート。。

天気の良い日はテラス席での食事は本当に気持ちがいい。


翌日は燃え尽き症候群じゃないけど、家から全く出たくなく、引きこもり1日You-Tube三昧。
こういう休日が私には1日は必要。


クリスマス・イブは職場の形成外科医主催のランチへちょっとポッシュなレストランGgへ。
Hドクター、有名でテレビにもたまに出てるけど、気さくでとっても話しやすい素敵な方。

その夜はパッくん友達主催のクリスマス・ディナーへ。


翌日クリスマス。
まずは朝ごはんにパッくんご両親宅へ。
オーストラリアの伝統?パッくん家の伝統なだけか、朝食はハム・オン・トーストです。

7キロのハムをせっせとスライスし、




ハム・オン・トースト。


そして朝食後は一旦帰宅し、ランチ時にまた出現。
(ご両親宅が徒歩2分の距離だから出来ます・・・)

ランチはパッくん姉家族が加わりクリスマス・ランチ。

そしてまた帰宅しお昼寝してから、夕食時再度ご両親宅へ。
今度はパッくん兄家族も加わり、ターキー・チキン・ダックをひたすら食べます・・笑


ああ、ハムとかお肉とかの食べ過ぎ・・・・

クリスマス後は質素にゴーヤー・チャンプルやらコールスローとか食べてるけど、美味しわ、胃が落ち着くわ。


でも!今日はパックンご両親を招き、クリスマス準備をどうもありがとうのお礼のBBQ主催@我が家。

またお肉だよ・・・

まあ、BBQは準備が楽だからいいんだけどね。

大晦日も兄宅でBBQ,、年明けも友人宅でBBQ

太らない訳がない!


そういうわけで、今年の目標だったダイエットは来年も引き続き継続です・・・・・  


Posted by メル好き at 10:45Comments(2)ホリデーイベント

2015年12月10日

最近のお気に入りベトナム飯

ベトナム飯はお気に入り料理の一つ。

メニューも多いし試したいもの多いが、ついついいつも頼んじゃうのが

フォーfeel03優しい味のスープ、半生の牛肉、とろけるスジ。。Love フォーfeel04


先日実に珍しくフォーの気分ではなく、注文したのが

左のベトナム風コールスローと右のパインセオ。
(左奥はパッくんご注文のチキン・ライス 普通ーでした。)

コールスローは、酸味と甘みのバランスが丁度良く、日本の酢の物プラスサラダといったところ。旨いっ。

パインセオもかりっとした卵と中のジューシーなもやし・豚の相性たっぷりで、これまた旨いっ。


違うベトナム料理屋さんでもコールスロー食べたが、盛り付けは同じようにエビ煎餅と一緒に盛り付けられて、ここのも美味しかった。


コールスローは一気に私のお気に入りベトナム飯となったが、殿堂入りフォーとの首位争いは・・・・・icon10

まだまだメニューたっぷりのベトナム飯。

うーん、フォーも食べたいけど新たなメニューも挑戦していかなきゃな。


  


Posted by メル好き at 10:13Comments(2)グルメ

2015年12月06日

お上品なクリスマス・ランチ@Royal south yarra lawn tennis club

先日クリスマスランチで訪れたのがここ。

(どう、入り口からして何だか排他的で入りにくーい感ありません?)


メンバーでなきゃ入れないこんなお上品なところ、私には縁遠い場所ですが・・・
主催者は一緒に働く外科医Tドクター、さすがっicon12


毎年、彼の秘書さん、彼が行く病院でレギュラーで働くナースをよんで開かれるクリスマス・ランチ。

今回もお上品〰で、ポッシュなランチでした。

私たちは10数人でカジュアルなテラス席だったけど、お隣のお部屋はこんな感じ。豪華!



ワイン好きなTドクターのチョイスの元、スパークリングから始まり、ロゼ、白ワインと注がれるままにいただく私。


実は今通ってる針の先生に言わせれば、IVFをしている身としてはアルコールはNG。。face30

でもたまには息抜きと称して、週に1回か2週に1回くらいでたまに飲んじゃいます。。

我慢が一番よくないとの名目のもと。へへ。

このクリスマスシーズン、アルコール好きには誘惑いっぱいだけれど、以前毎日のように飲んでた私からすれば、このくらいのペースはよし!と自分で決めてます。

この日もトータル、ワインをグラス3杯程度(足されるまま飲んでたから曖昧だけど…笑)


12時半から気づけば16時。

Tドクターから、今年も1年どうもありがとうって言ってもらい、会場を後にしました。

こういう上司(?)とかからの感謝の気持ちってこちらでは多いの。
同僚ナースも彼女が一緒に働く医者から毎年商品券をもらうって言ってた。

病院に雇われて働いてる身だけど、それでも
「今年も一緒に働いてくれてありがとう!」
って言われるのは嬉しい。
それどころか、こんな外国人の私なんかといつも働いてくれててありがとうっていつも思っている。

外国人で働く人は常に思ってることかもしれないが、みんなが本当はネイティブのオージーと働くのを本当は希望してるんじゃないか?とたまに不安に思ったりもする。

でも外国人、特にアジア人はテキパキ仕事をこなすから、それを買ってくれてるって話も聞いたりはする。

実際、私の同僚のまだ20代のインドネシア人、彼女なんて人一倍働くし、仕事は早いし丁寧だし、そしてかわいいってきたもんだっicon12

オージーでも、特に太ったおばちゃんたちなんて、仕事は二の次でおしゃべり優先な人いるし、それで仕事も遅いってパターンが多い。。


言葉の面ではネイティブには敵わないが、仕事を完璧にする、丁寧にする、ネイティブに負けないようにするっていう移民精神を買ってくれたりするのかなとも思う。


そんなことを考えながらの帰り道、サウス・ヤラなんてメルボルンでも有数のお金持ちエリア、通る車、街並みからしてお上品っ。

そういう雰囲気に自分が浮いちゃっているような感は否めないが、何とも優雅な気持ちで、そして感謝の気持ちで帰途に就いたのでした。

職場や友達のクリスマス会だらけの忙しい12月。

今年は上記のアルコールの理由もあり、積極的にクリスマス会に参加してない私、次のクリスマス会は24日になりそう。

それでもこの浮足立ってるクリスマス感溢れてる街は好き。

日本の「よいお年を」のように、「Merry Christmas」っていうのも、慈悲の気持ちが溢れてるように思う。


皆さんのもとにも、平和で素敵なクリスマスが来ますようにevent05








  


Posted by メル好き at 13:48Comments(0)グルメ仕事

2015年12月03日

徹底的に安さを求める外食ならここはどうだ!?

物価の高いメルボルンで嬉しい格安食堂。
(そう、レストランとは決して呼べません)

ここを発見したのは7年前、シティの語学学校に通ってた私は、おそらく学生さんの殆どがそうであるように、みんなで食べに行け、なおかつ安い所が必要だった。

Flinders Laneにあるポート・フィリップ・アーケード内にこの食堂はあります。

天窓のあるアーケード内に設置されたテーブルは日が当たり開放的。



気になるメニューは


とっても豊富。写真付きで分かりやすい。

カウンターで注文し、支払いを済ませ、席まで持ってきてもらうシステム。

気になるお値段なんとほとんどの物が$7!安いっ、日本並み。

以前は$6だったんだけど、さすがに値上がりしたようだ。

量は男の人も納得のボリューム。

フリンダース駅が近く、駅職員さんも見かけるが、男の人がよく食べてるポークチョップ飯とか、私なら食べれるけど、普通な女子には多すぎるくらいの量。

質は・・・・
$7にしてはありだと思う。

この日の私のご注文は


エビワンタン麺。ワンタンはプリプリエビの食感が良く美味しいが、スープがかなり薄かったので、テーブルに設置してあるチリオイルで味調節した。

それでも$7って安い。$7でメルボルンで食べれるとこご存知ですか!?

プラスチックの食器で安さは否めませんが、学生のころを思い出させてくれるこの食堂、たまに恋しくなり行っちゃいます。


店名があるかなって店内くまなく探したが見当たらなかった。

場所はフリンダース駅前のポート・フィリップ・アーケード内、すしてんの隣です。



  


Posted by メル好き at 14:21Comments(2)グルメ

2015年12月01日

私の野菜を食べてるのは誰だ!家庭菜園の敵 

以前植えた小松菜、すくすく育ってきてくれたが・・


何者かによって食べられてるicon08

葉っぱをこまなくチェックするが、青虫は見つからない。

カタツムリやナメクジの仕業かな、と思い夜間チェックをすると・・・・・


!!!!
うぎゃー、小松菜ちゃんに虫がいっぱい・・・!!
犯人はこの虫


ハサミムシが20匹くらいたかってるーー!!

野菜なだけに殺虫剤は使えず、1匹ずつ始末していったfeel19

翌日も、うぎゃー、まだいる!!でも数は確実に減っている。

そんなんで1週間経過、定期的な夜間の見回りの甲斐あり、今では1日に1匹見つかる程度。


今までも庭でよく見かけていたこの虫、パッくんにこの虫は無害だと言われてきたから放置していたけど、有害も有害!


最近は鉢の下やガレージのドア近く、奴らが住んでいるところをこまなくチェックし、根絶目指している。



名前はわからないが、5㎜くらいの小さな丸っこい硬い虫も夜間ハサミムシと一緒に集っている。


青虫にカタツムリにハサミムシにポッサムまで、敵が多い家庭菜園だが、その分収穫は格別。

おいしい小松菜ちゃん収穫に向け、見回り続けるぞ!(←見回り好きになってきた)


  


Posted by メル好き at 08:23Comments(0)家庭菜園