QRコード
QRCODE

アクセスカウンタ

2015年05月28日

永住権の更新

確かそろそろだったような・・・とパスポートをチェックすると、やはりそうでした。

5年前に取得した永住権が6月17日で切れる。

昔はこの永住権ラベルも当たり前に貼ってくれたけど、今は有料らしい。。。


10月に日本に帰る時はJRパスを購入する予定もないので、今回はラベルはなしって思っているけど、こうやってラベルをみて有効期限がいつまでってのも次回はできないんだなあ。。。

自分で記録を付けておくしかないのかなあ。。


海外に行く予定がなければ、永住権は切れていても問題ないらしい。

問題なのは切れてたら海外からの帰国ができないこと。
(実際同僚は、切れている永住権をホリデー先のオーストラリア領事館で更新し、それで帰国したって言ってたような。。)

なので、更新は9月あたりにして、この先何回するかと思うと面倒な更新回数をちょっとでも減らそうと思っている。お金も掛かるしね。。


皆様のブログを読んでいると、イミグレーションも自動化され、ゲートを通るだけになってきてるらしい。

ビザのラベルも省略され、スタンプもなくなり、きっと将来パスポート自体がICチップ入りのお財布に入るカードになっちゃうんじゃないかなあ。。


海外旅行に憧れていた子供のころ、でもうちの家族には無縁で、パスポートって響き、あの見た目に憧れていた。


「昔のパスポートは大きな手帳みたいだったよねえ」
なんて20年後には話しているんだろうなあ。。








  


Posted by メル好き at 08:33Comments(2)暮らし

2015年05月24日

私も行ってきました@DC Dumpling

先月のこと、ブログで皆さんがお勧めしてたここに行ってきた。

Box Hillのこの辺りはレストランだらけ。

しかもこのお店もだれかが仰ってた通り、似たような名前のレストランもあり紛らわしいが、やはりお勧めされてただけあり、美味しかった。feel11

土曜日の夜ってこともあり、混んでてすぐには座れなかったが、お店の外で5分待ちくらいで着席、で早速ご注文。

左上から時計回りに、ナスビのにんにく掛け・小籠包・蒸しエビ餃子・しいたけ肉積め。

餃子のお店だが、前菜のメニューに美味しそうなものがたくさんあった。

頂いたナスビは、焼きナスにニンニクを掛けたようなものでとっても美味しかったし、しいたけ肉積めも前菜から。

私は餃子は好きだけど、餃子ばっかりだと飽きちゃうのでこういう前菜メニューが豊富なのは嬉しい。



そんな事いいつつも、以上で物足りない私達が注文したのは焼き餃子。へへ。。

中国の餃子って皮が厚くて昔は好きじゃなかったけど、今ではこれはこれで好き。

皮が厚い分食べ応えあるしね。


そんなんでお腹いっぱいになり、お会計もびっくりするくらい安い。覚えてないけど2人で$50とかだったような。


Box Hill、メルボルンの中国サバーブってだけあり、このあたりのレストランの中には、外に展示しているメニューは中国語だけのお店もあったりと、まさにリトル・チャイナ。

その分味も確か、値段も中国並で、そういったサバーブに簡単に行けちゃうのがメルボルンのいい所。


書いた通りこのお店も餃子だけでなく色んなメニューがあったので、次回はもっと色々挑戦したい。

リピ決定です。



  


Posted by メル好き at 09:31Comments(0)グルメ

2015年05月23日

職場でIVF仲間を遂に見つけた!

先週のこと。

ナースということもあり、同僚は97%女の子、しかもお年頃。

100人くらいはいるので、その中の数人は絶えず妊婦だが、先日レイチェルが妊娠しているという噂があった。


レイチェルのことは実は気になっていた。

というのも、彼女がお弁当バックとして使っているものは、IVFで冷蔵保管の注射を運ぶために支給される例の緑色の鞄だから。

その事は1年くらい前から知っていたが、彼女の姉妹が使ってたもので彼女には関係ないかもしれないしって考えていて、何も尋ねずにいた。


先週、隣の部屋で働く機会があった時、思い切って、

「レイチェル、妊娠してるって聞いたんだけど」
って話を切り出した。

レイチェルは
「噂話しって本当に広まるのが早いのね。。」
と笑いつつ返答したので、私は更に思い切って

「もしかしてIVFで妊娠したの?以前からレイチェルの鞄を見ては気になっていたんだけど」

彼女は少しびっくりしたようだった。


私は緑の鞄は ’いかにもIVFしてます’って言ってるようなものだから、注射を受け取ってすぐ仕事に行く時にもカモフラージュするため違う鞄を使っていた。

彼女は、
「この鞄をみてそれが何か分かる人はその人もIVFをしてるって事だから、気にしなかった」
ってあっさり・さっぱりしている彼女らしい事を言って笑った。

仕事中だったんので長くは話せなかったが、お互いどれくらいの期間トライしてきたか、治療について一気に話した。

私はEmbryo Transferを翌日に控えていたので、レイチェルから「がんばれ」って言ってもらい、私もレイチェルの妊娠に対し、心からおめでとう、と伝えた。

そしてお互い、「やっと同じことを話せる人を見つけた!」って笑った。



そう、話せる人が居ないって結構ストレス・・・・

私はこうやってブログで書いていて、同じようにIVFをやっている方からメッセージ頂いたり、情報交換できるだけでも、全く違うくらいだから。。


レイチェルは週に2日しか働かない。私が週に4日。そしてお互いの夜勤もあり、各手術室で働くから全く違う同僚に合わないって事はよくある。

それでもたまにでも合えて、話ができるって思うだけで心強い。



水曜日にEmbryo Transferを終えた私、着床が起こるのは昨日か今日あたり。

といって特に慎重にするわけでもなく、家内の家事は行っているが、そこまでが限度、今日も無理をせずのんびり過ごすぞ。
  


Posted by メル好き at 09:25Comments(2)医療

2015年05月22日

Embryo Transfer終了

今回も完全にIVFブログです。

2日前にEmbryo Transfer終了しました。

2回目となるWoyal Women’sで行ってきました。


前回は土曜日だったので院内はがらーんとしてましたが、今回も平日にも関わらずIVF科はがらんがらんでした。


13;45、主治医に呼ばれ処置室へ。

ガウンに着替え、婦人科椅子に座り子宮内までのアクセスを確認した後で、顕微鏡で見える小さな卵ちゃんと対面。

分割が進んでおり、8分割になりかけの小さな細胞が7つ確認できる綺麗な卵ちゃんだった。


Embryo Transferは5分程度。

終了後はすぐ帰宅してよいが、ナースに
「すぐに帰宅していいのは分かっているが、個人的には動かない方がいいと思っているから、待合室で30分くらい座ってていい?」
って聞いてみると、空いてる処置室があるとの事で、そこで30分横になっていられた。

日本の施設ではそのまま30分くらい休憩してから帰るところが多いようなので、今回聞いてみたが、聞いてみて良かった。

ナースも
「あなたがしたいように、あなたが信じてるようにしなさい」
って言ってくれた。

院内がすいてて良かった。混んでたら出来なかっただろうからね。。


その後車にて帰宅。
更に2時間昼寝をし、その日はパッくんお父様の誕生日だったので、夜は徒歩2分の距離のお父様宅でみんなでディナー。

なので、この日はそれ以外は家で過ごした。そしてよく食べた。


翌日は外に出たのは徒歩5分の近所のスーパーに行ったのみ。
簡単な夕食・皿洗い等はしたが、それ以外は殆どベットで、またはソファーにて過ごした。


2日目の今日、今日は用事があり午前中シティに出かけたが、終わるととんぼ帰り。今日も後は家でのんびり過ごそうと思っている。


うまくいっていれば、着床が起きるのは今日か明日。

時々お腹に手を当て祈っている。


これで週末。

今回病欠は3日取ったが、仕事がないってだけで気持ちのリラックス感が全く違う。

これがうまい具合に働けばいいが。

卵ちゃん、頑張れ〰!!







  


Posted by メル好き at 12:43Comments(2)医療

2015年05月17日

IVF 排卵日測定 そしてお迎え日決定

今回はIVFブログです。


冷凍庫に眠っている卵ちゃんお迎えは、私の場合は排卵日から2日後に行われるとのこと。

その排卵日を見極めるには、スキャンと血液検査と尿検査。

生理周期の早い私は生理9日目にスキャンを行うと、排卵されそうになってる大きな自然卵ちゃんが確認された。

同じ日に血液検査。

これでLuteinising Hormoneという、排卵日の前日に高くなるホルモンを図る。

この日はまだホルモン・レベルは高くなかった。


2日後の今日再度血液検査。

結果、ホルモンが高くなりつつあるので排卵はおそらく明日、なので卵ちゃんお迎え日は水曜日に決定した。


卵ちゃんお迎えも今回でもう5回目か6回目。

お迎え後の安静度について日本や他国はどうだろうと見てみるが、安静にしていても着床率に変わりはない、というのがここオーストラリア同様他国でも同様の見解のよう。

実際メルボルンIVFでは安静度は全く必要なし、終わったら普通に仕事に戻っても構わない、という見解である。

そうは言いつつ、日本の施設ではお迎え後30分程度安静にし、その後帰宅という施設が多いよう。。

Royal Women's では、終わったら、はい、じゃあねーって帰らされるが、そのまま待合室で30分くらい座っていようかなあ。。

着床が起こるのはお迎えから数日後だからその日、翌日の安静は必要ないかもしれないが、仕事では重いもの持つこともあり、立ち仕事、大忙しだから、今回も2日お仕事は休もうと思ってる。


色々安静度について考えすぎはよくないとは分かっているけど、私にできるのはこれくらい。色々考えちゃうんだよねえ。。。。

確か初めてのお迎え後はその当日・翌日と仕事も休み、殆ど横になって過ごし、歩くのもゆーっくり歩き、パッくんに呆れられた。(彼は医者の言うように普通に過ごすのが一番いいって思ってる)

でも実際に安静度を推奨している施設もあり、色々調べるほど何がいいのか分からなくなってくる。


主治医からいつも言われるのは、前向きでいること。


自分が納得できる安静度計画を早めに立て、出来ることはやっている! と前向きにいかねば。


こうやってブログに書くと、すんごいストレス抱えてるように聞こえるが、今のところかなりリラックスできてます。

今日は久々の晴れのお休みの日。

ガーデニングで午後の大半を外で過ごし、せっせと働き、なおかつのーんびり。


金のなる木も花盛り。

今日もいい日が過ごせたことに感謝。






  


Posted by メル好き at 16:50Comments(2)医療

2015年05月16日

ポッサム被害対策

メルボルンの至る所に生息しているポッサム。


見た目は可愛いかもしれないが、このポッサムに困ってる話はよく聞く。。

屋根裏に巣を作って繁殖したり、お庭の木を片っ端から食べまくり枯らしたり、畑を荒らしたり。。。


うちもその被害のひとつ。。

お庭に植えたイチジク、実がつき出した頃、実も葉っぱも枝からばっさり食べられた。

ケールもピーマンも食べられた。。。


お隣の猫がたまに遊びに来てくれるので、猫がよく来るところは無事だが、奥のほうは全滅。。。

反対隣りの見事ななエルムの木も、ポッサムの被害に合い、今では半枯れになってしまっている。


何か対策を立てないと・・・・とここ数か月思ってはいたけど、何もしないでいた矢先、道端に捨ててあったこれ発見。


え、ただのフクロウの置物って思うでしょ?

これがポッサム除けとしてホームセンター等で販売されてるの。

その事は知っていたけど、「ええ、こんなものが効くのお?」って思ってた。

でも道端に捨ててあるし、と拾ってきて、半信半疑で裏庭にこんな感じで置くと・・・・

ポッサムの被害がぴったりと止まりました! 

こんな見るからに置物だけど、ポッサムには本物のフクロウに見えてるのかな??


このフクロウ、効果があるのはポッサムだけではないようで、お庭でふと振り返った時や、キッチンからふと庭を見た時等、意外な存在感で私たちまで驚かしてくれますが・・・・



ポッサムはオーストラリアでは保護動物だが、お隣ニュージーランドでは被害を食い止める為そうではないようで、ポッサムの毛皮マフラーをお土産で買えるって話を聞いた。

実際シティのフィッツロイ・ガーデン等でも、ポッサムが公園の木を荒らさないよう、ポッサムが木に登れないようにするためのプラスチックを木に巻き付けている。


ポッサムに対して天敵の少ないオーストラリア。

ニュージーのようにどんどん増えていっているのでは。。。。



このフクロウちゃんを設置して数週間、このままずっと効果があればいいが。。。。













  


Posted by メル好き at 19:15Comments(2)家庭菜園

2015年05月04日

釣り&ベトナム飯な日曜日

釣り熱が再燃してきた私たち。

昨日も釣りに行ってきました。

でも予定していたわけではなかったので8時過ぎまでゆっくり寝て
、「釣り行く?」って話になり、ちゃっちゃと準備し、車で橋を越え、9時過ぎには開始。


同じ場所でリベンジ。

暖かく天気も良く快適。

が・・・、まったくかからない。。。。

行きかう小型ボート、犬を散歩してる人々を見ながらボーっと過ごします。

にしても全く掛からない・・・・・

釣れる気がせず、この日は2時間で撤退。


私たちが引き上げるくらいに、同じ場所に、’いかにも釣り人’っぽい本格的な人が来た。

釣れないのは朝早くないからだと思ってた私達だが、こんなプロっぽい人も11時半とかに来るってことは時間のせいだけじゃないのかな?

でも次回は頑張ってもっと早く来ようっと。



朝兼お昼ご飯はまたもや帰り道のフッツクレイ。

気合のない釣り人の私達にとって、釣りがメインか、その帰りのベトナム飯がメインなのは微妙なところです。。



私のGoat Curryは、ヌードルかパンかを選べ、パンを選択。

新鮮なパンと、濃厚なヤギからのカレーが絶妙な組み合わせ。これはお勧め。

ヤギを頂くのは3度目くらい。
カレーにスパイスが沢山入っており、臭みも全くなく、コクのある味で私は好きでした。



パッくんのダック・ヌードルもダックの脚丸ごと入ってる豪華なもの。

以前にも来て気に入ってたここ、お客の入りは先週のレストランより少なかったが、ほぼベトナム人ばかりの客層。

ここは競争の激しいフッツクレイでも私たちお気に入りのベトナム飯屋の1つ!Pho Tamってところです。



収穫がないのは少し残念だが、何も考えず釣竿越しに景色をボーっと眺める時間は、私にとってリラックス効果がある。

毎回改善点があり、次回は携帯ラジオ・新聞を持って来ようって思ってる。

ふう、今週末は1日だけの休みだったけど、素晴らしいお天気でリラックスできた。

今週も張り切っていきましょう。







  


Posted by メル好き at 09:28Comments(0)グルメスポーツ

2015年05月03日

家事分担で小言を言う心の狭い私

共働きなパッくんと私なので、家事は平等に・・と行きたいところですが、オージーといえどやはり男・・・

私のほうが圧倒的に家事をしてるって私は思ってる。

私のほうが帰宅は遅いが、パッくんは私より更に料理が得意でないので、私がすることが9割だし、お皿洗いなんて彼の優先順位には全く入ってないからしないし。。

台所まわり、洗濯は私がし、掃除一般はパッくんがしてるような分け方。


それでも心の狭く忍耐のない私(これは自覚あります・・・)、たまに「ちょっと〰!!たまには料理してよ!!」って切れてしましますが・・・・反省icon11


昨日は土曜出勤、予想以上に長引き2時間超勤しヘトヘトで帰ってくると、家の中はいい匂い。
洗濯も掃除もお皿洗い洗いも終わった家はピッカピッカ。

「おかえり!今日はラム・ローストだよ〰」
って迎えてくれたパッくん。

Coles等でお肉を買うのが嫌いなパッくんはお肉屋さんで上等なお肉を買う。(典型的な料理をしない男の人でしょ。。)

だから毎回この調子で料理されたら家計は火の車ですが、疲れ切った私には帰宅してすぐ赤ワインと美味しいラムで食事ができるのはやはり嬉しい。

2週間に1回でもこういう日があるから、それ以外の日は私もまだ頑張れる。

結局昨日は上げ膳据え膳で、ワインでほろ酔いになりソファーで居眠りという、日本の働くお父さんになっちゃいました。。


ふう、私ももっと心を広くもち、些細なことでブーブー言わないようにしないとね。。。




  


Posted by メル好き at 15:30Comments(0)暮らし