QRコード
QRCODE

アクセスカウンタ

2015年04月30日

釣りの免許所得&行ってきました。

免許所得って難しそうに書いちゃったけど、インターネットで申請するだけですけどね。。。

そう、日本と違ってオーストラリアでは釣りをするのに免許が要るのです。。


今までの釣りの時は2日間用とかを購入してたけど、今回1年用を購入。

ちなみにお値段は2日間で$6.00,28日間で$12.00,1年間で
$24.50,3年間で$66.00、州によって多少違うのかな?


今回は西側サバーブに住んでるパッくん兄が時々行くという、Newport。



見ての通りWest Gate Bridgeのすぐ近く。

で、先週末の小雨の降る寒ーい中、3人で行ってきました。。。

9時前に到着、ちらほらといる周りの釣り人に交じって私達も開始。


1時間もたたないうちにパッくんヒット!

鯛が釣れた!

皆で急いで大きさチェック。(鯛だったら28㎝以上でないと取ってはいけない為、それ以下のものはリリースしないといけない)

微妙な27㎝・・・・・3人で急いで話し合い。

「1㎝の違いだったらいいんじゃない?」と頭の中お刺身と鯛ご飯が見えてる私に対して、2人は「ノー。」

泣く泣くリリースしました。。

この間ものの10秒程だったので、リリースした鯛は元気そうに泳いで行った・・・

もう少し大きくなって私達のもとに帰ってきてね〰。。。。


その後ビクトリアではよく取れるFlathead(日本語でマゴチ、コチ科のお魚だそうな)がヒット!

これまた大きさが十分でなくリリース。


という訳で、3時間弱粘りこの日の収穫ゼロ。


でもこの日は自分たちの釣竿をセットし、道具をそろえての初釣り日。

色々学んだし良しとしましょう!


冷え切った体に必要なのは





NewportからすぐのFootscrayでフォー。 ふうー、温まった。



祖父に連れられと共に釣りに行っていた大昔、でも今でもあのヒットした時の竿から伝わる振動、あの興奮はよく覚えている。

パッくんも釣り熱再燃してきたようで、2人で「来週も行っちゃう?」なんて話してる。

予想以上に寒かった釣り、次回は更に着込んで行ってくるぞ。



  


Posted by メル好き at 08:05Comments(0)グルメスポーツ

2015年04月28日

時々イライラします、うまくいかないIVF

昨日はスクラッチに行ってきた。

スクラッチというのは私のIVFドクターがやっている、ヒステロスコピーの代わりにするもので、これによって卵ちゃん着床率をあげるというもの。

が、昨日くらいからちょっとイライラしてた。

たまにくる、IVFがうまく行かないことでのイライラ、主治医がちゃんと私のことを診てくれているかのイライラ感。

なのでスクラッチのみならず、主治医ともっと話したかった。


まずはスクラッチ、これは麻酔もなにもなし。

婦人科の例の椅子に座り、子宮内を細い針で引っ掻くものので、1,2分で終わる。


これが終わり、私は自分のイライラ感を語りだした。

「何でこうもうまく行かないの?」


冷静に再度データ、考えられる可能性を伝えられ、再度言われた。

私に出来る一番重要なのは前向きでいること。

前向きでいれる時もあるけど、居られない時もあるんだよね。。当たり前だけど。。


次の生理の後、スキャン&血液検査で排卵日を予測し、排卵後2日目に卵ちゃんお迎え予定。

冷凍庫に眠っているのは2つあるが、質の良い卵ちゃん1つをお迎え予定。


そう、忘れがちだが(おいっ!)、冷凍されてる卵ちゃんたち、こうやって時々思い出すと
「ああ、卵ちゃん、忘れててごめんねえ、どうしてる?頑張っておくれ」って気持ちになる。


でも、主治医と話せてすっきりした。

うまくいかないけど、この先生で良かったって思う。
  


Posted by メル好き at 05:36Comments(2)医療

2015年04月27日

居酒屋気分だったので@Gyoza gyoza

今日は居酒屋気分!って日ないですか?

そんな時にも最近は選択が色々あるのが嬉しい。

最初にワーホリでメルボルンに来た2007年には、ほんの数件しかなかったような。。


で、先日初めて行ってきたのがCBDのここGyoza gyoza。


キリン一番搾りがあると必ずオーダーしちゃうが・・・・・あれ、一番搾りってもっと喉越し&コクがあったような気がするけど・・・・オージービールに私の味覚が慣れちゃったのかな。。何だか期待外れな味だった。。

パッくんオーダーのコシヒカリ越後麦酒。

この2つのビール、全く違うって思うでしょ?

最近ブラインド・テストが私の中ではやっていて至る所で調査中。
今回も調査してみたが、笑、味の違いは殆どなかった。ただ一番搾りは香りが濃厚、ホップかな?素敵な香りがしてそれで違いが分かったくらい。

そんなのビール好きでない方にはどうでもいいですね、はい。



お料理はなんと全品$6.50。

写真の生ガキ・えびから揚げ・牛タタキサラダの他にも、サーモンたたき・えびシューマイ・和風ステーキ、なんとユッケまであったので久々頂いてきた。

生の牛肉&生卵なんてオージーは無理かな?なんて思ってたけど、1人のオージーは果敢にもチャレンジし、マレーシア人は「これ大好き!」って普通に食べてた。
びびりなパッくんは興味さえ示さなかったけどね。。

写真取れ忘れたが、今だけスペシャル価格の餃子は何と$3.50!

お店の名前に唄ってるだけに、タレの種類が多く、すりごままであり、美味しかった。もっと食べればよかった。



ボケぼけ写真で失礼です。。ワッフルセットとアイスクリームセットです。。

付いている’抹茶ソフトが苦くてとっても美味しかった。

皆には不評だったけど、きっと日本人は好きだと思う。次回は抹茶ソフト単品で頼みたいくらい。



初めて行ったお店だったけど、安心の料金システムで、どんどん頼めるのは嬉しい。

盛りは大きくはないが、その分色々頼めるし。

店内も日本の居酒屋風で、ちょうど私達が訪れた時は、日本人サラリーマンが飲んでて、更に日本の居酒屋感満点でした。

居酒屋気分の日にどうぞ。





  


Posted by メル好き at 09:10Comments(2)グルメ

2015年04月24日

秘密のイチジク

近所の公園のひっそりした一角に、イチジクの木がある。

発見したのはこの夏。

割と大きな木なので、イチジクがたわわになっていたが、やはり公園の中の木、大半は鳥に食べられていた。

それから公園を通るたびに、この木をチェックしていて、今までに3つ収穫できた! 笑 とっても美味しかった。

秋になり、鳥の被害は少なくなったが、最近人間によって取られた跡があった。

やはりこの木を知ってるライバルが居る。。。


ニュージーランド在住の方のブログを読んでいて、その方のお住いの町は、町がフルーツの木を植えて、更にはその地図まで作り、フルーツ狩りができるというものがあった。

素晴らしい!!

ぜひともメルボルンでもって思うけど、人口密度が高い&イタリア人・ギリシャ人・中国人の移民がニュージーより多いだろうから、ライバルが多すぎそう。。。


お庭にある自分のイチジクの木は、ポッサムの被害にあい、今年は収穫ゼロでした。。。


秘密のイチジク、すくすくと大きくなって来年ももっと実をつけてね。

場所はもちろん秘密です。。ふふ。。





  


Posted by メル好き at 07:57Comments(2)家庭菜園

2015年04月22日

これが競馬の醍醐味@Werribee Racecourse

競馬大国のオーストラリア。

メルボルン・カップやコーフィールド・カップといった大レースばかりでなく、小さい地方レースも含めると、1年のうち363日は、オーストラリアのどこかでレースが行われている。

なので競馬場も至る所にある。

先週行ってきたのがメルボルンの西のサバーブ、ワリビー Werribee。

とういうのも、私たちのお馬ちゃんのレースがあったので、平日にも関わらず、お休みを取って、パッくん・パッくん父、パッくん兄と出かけてきた。

パッくん家族は競馬大好き一家。

馬が大好き、馬を見るのも大好き、賭けるのも大好きといった家族たちです。。


これが私たちのお馬ちゃんの5回目のレース、今回はまだ近場のワリビーで良かった。。

これまでにはたった数分のレースのために片道3時間かけて、ビクトリア州東のSale,ビクトリア州西のWarramboolへ行くこともあったから・・・汗


小さな地方競馬場、私は好き。

というのも、メルボルン・カップみたいに人で溢れてない&小さい会場なので移動も簡単&着飾る必要がないから服装も楽ちん(着飾ってる人もいたけど)

お馬ちゃんをお世話しているストラッパー、調教師、ジョッキーとかとも直接話せ、(みんな馬バカなので私には意味不明な内容が多いが)、意外と楽しめる。



レース前の我らがお馬ちゃん、頑張れ〰。

しかし、結果は5着、半年ぶりのレースな事を考慮するといい出来栄えって調教師は言っていたけど、そうなのかな。。。





ほら、コースもダイニング・ルームもメルボルン・カップとかと違ってずっとリラックスした感じ。

オーナーのカードを提示すると、関係者のみ入れるお部屋でドリンク&軽食が頂ける。


調教師・他のオーナー達と再度録画のレースを見ながら、ここのラストスパートがどうなの、走りがどうなの皆が話してる中、私はゆっくり一息、ふふ。


今回は残念だったけど、何よりもすべての馬が無事に走ってくれてよかった。

次レースも頑張れ、そして私たちに夢を持たせ続けておくれ〰。











  


Posted by メル好き at 15:02Comments(0)スポーツ

2015年04月20日

日本からのお土産

日本の桜はやっぱり有名なのね。

職場でも4人くらい最近日本へ旅行へ行ってきた人がいた。

そのうちの1人から、

「日本人のあなたに渡すのも変だけど、要る?」

って聞かれたのが、このお土産。



富士山のコースター!

私が日本で買ってくるお土産って、キットカットやアルフォートの大袋とかだから、こういうお土産返って新鮮。


彼女はFacebookマニアで、2、3時間ごとに行く場所、食べたものをアップしていて、行程が手に取るように分かった・・笑

そして日本を訪れるのは初めてだった彼女、とっても気に入った&満喫したみたいで、お土産話を色々語ってくれた。

(私のまだ行ったことない築地やジブリ美術館もよかったって言ってた。)


私なんかにもお土産ありがとう、渋いコースター、大事に使わせて頂きます!
  


Posted by メル好き at 10:11Comments(2)ホリデー

2015年04月19日

ソフィア・ローレンがメルボルンにやって来た

大昔、私が中・高生の頃、NHKの衛星第2放送で、衛星洋画劇場?とかいうのがやっていた。

ヒッチ・コックだったり、オードリー・ヘップバーンだったり、イングリッド・バーグマンだったり、いわゆる昔の名画を放送していて、好きでよく見ていた。

その中でも、衝撃を受けたのがソフィア・ローレンのひまわり。


戦争で離ればなれになった男女の話に、画面一面に咲き誇るひまわり、ダイナミックに音楽に、子供ながらに衝撃を受けた。


そんなソフィアはなんと現在80歳。
チャリティーのイベントがメインでメルボルンにやってきているらしい。

今なお溢れるオーラと、大女優の貫録がテレビからも伝わってきた。


今でもいい映画はあるが、昔のような映画をみて衝撃を受けるってことは減ってきた。


中学の頃、吹奏楽部だった私。

部活担当の熱い先生は私たちによく語ってた。

「この年になると、音楽を聴いて、昔のように感動して涙することがなくなった。それは年を取って感性が減ってきたからではと思う。

若い君たちは、もっといい音楽を聴き、どんどん感動していてほしい。」


当時の先生と同じくらいの年になった今思う。

確かにそうかも。


変な度胸と開き直りが出てきて、(これも大人の余裕というのでしょうか。。)、昔のような感受性は減ってしまったと思う。



ひまわりを見てから20余年、また見てみたいな、とソフィアを見て思ったのでした。















  


Posted by メル好き at 15:14Comments(0)徒然

2015年04月16日

IVF 残念な結果

今回も完全にIVFブログです。

今回お迎えした卵ちゃんは主治医一押しの質の良いもので、「今回こそは!」と期待していたのに・・・
血液検査の1日前に生理が来た。

仕事中だったので、落ち込むにもそこまで落ち込めず、黙々と仕事をするしかなかった。


翌日血液検査に行き、もちろん陰性と告げられた。



先々週、1月に生まれた友人の赤ちゃんを見に行った。

私は赤ちゃんとか子供ってあまり得意ではないので・・汗(IVFしてるのに、おい!って感じですが、自分の赤ちゃんは別って思っている・・汗)
「抱っこする?」
って聞かれても
「ううん、どちらかというとしたくない」
って返答してみんなに笑われた…笑


そんな私とは裏腹に、パッくんは赤ちゃん抱っこし、上手にあやしてた。

そんな姿を見ると、ちょっと切なくもなるが、いつもの通り、「子供ができてもできなくても」と私を励ましてくれる。



はあ、、ここまでうまく行かなかったら、きっともう無理なのかなって思ってしまう。


今日になっても主治医から何も連絡ないので、冷凍庫に眠っている2つの卵ちゃんたちのお迎えをいつするのか、IVFナースに確認の電話をした。


諦めの気持ちは隠せないが、それでも希望もまだある。

冷凍庫の卵ちゃんたち、頑張って生き延びておくれ。

早くお迎えに来るからねfeel14  


Posted by メル好き at 15:08Comments(4)医療