QRコード
QRCODE

アクセスカウンタ

2014年11月25日

「寝てた?」と聞かれると「ううん」と嘘ついてしまうのは私だけ?

寝ているときに電話が掛かってきて、

「寝てた?」と聞かれると

「ううん、寝てないよ」

と嘘をついてしまうのは何故だろう?



これが久々に先日あった。

お昼寝中に職場の友人から掛かってきた電話、

「Hello, Its me. Its about on call you asked me.....」
って話しだし、私の反応が乏しかったのか言われてしまった。

「Sorry, were you sleeping?」

ここで出てきた私の言葉は

「No, not really」


やっぱり嘘ついちゃった、なんで!?

これって私だけ?
  


Posted by メル好き at 07:21Comments(2)徒然

2014年11月22日

ダメ医者からの回想&OET回想

先日の続き。
学生の時出会った中東の医者の話し。


2008年、OET対策のため、メルボルンのMLCという語学学校に通ってました。

OETは医療者向けのテストのため、クラスメイトは世界各国からの医療関係者達。

OETのスピーキングは試験官が患者役になって私達(医療者役)とはなすという内容なので、スピーキング授業中は生徒同士ペアになり練習すると言う内容。

ここでみんなが恐れてたイラン人医者。

口調がまず荒い、そして相手の話を聞かない、ダメダメと言いまくり一方的に話す彼。。。。


先生が回ってきて、

「あなたの英語は文法的にも単語的にも完璧だけど、ちょっと話し方が・・・・・・」

先生の役割は勿論英語の強化だから、先生的には彼はいい英語を話す生徒だが、やはり彼のその態度は目に余るものがあったよう。。。


このスピーキングが一番苦手だった私。
そして普段から相槌をよくする私。

先生の私へのコメントは、

「ふーん、ふーん、って患者さんの話を音を真摯に完璧な相槌で聞いてる姿勢がすばらしい」

って、英語とは全く関係ない評価だった・・・・涙




緊張した第1回目OETテストの日。

午前中ライティング・リスニング・リーディングを終え、仲の良い仲間たちでランチに行き、午後のスピーキング前に皆で「緊張しないように」ってワイン飲んだなあ。。。

その甲斐も無く1回目は私は撃沈。

私の当たった内容は、水疱瘡の子を連れたちょっとパニック気味のお母さんを対応する医者役というものだった。

次から次へとパニック気味の質問をしてくる女優顔負けの試験官に負けた・・・・・言葉が詰まった。



2回目は、手術後回復室に運ばれてきて、「息が出来ない!」っとパニックになってる患者を対応する回復室ナース役。

このお題を聞いたとき密かに自分で小さくガッツポーズ。

回復室で働いてた私、こういう患者の対応は日常茶飯事だった。

私が言った言葉は5分間殆ど、

「ほら、一緒に大きく息しましょう、大きく吸ってー、吐いてー。 息がしにくい感じがあるかもしれないけどそれは麻酔の影響で、上手に出来てますよ、さあ、もう1回一緒にしましょう。はい・・・・・・・・」


そう、このOETのスピーキング、運がかなり大きな要素。

医療的知識は問わないと言う物だけど、知っている事・得意な分野だとスラスラ言える、自身を持って言える。



この学校で出会った、世界各国からの友人たち。

月日が経ち、定期的に連絡を取るのは1人2人になっちゃったなあ。。。


その問題児イラン人医者とは勿論親しくなかったけど、彼はどうしているんだろう。

彼もメルボルンのどこかであの調子で働いているのかなあ。。。













  


Posted by メル好き at 05:01Comments(0)医療英語

2014年11月21日

不眠症再び そしてダメ医者&いい医者

先月か先々月か、久々に全く眠れなかった。

薬局で購入した自然系睡眠剤なんて全く効かなかったから、GP受診してきた。

私より若いだろうこのGP,見るからにお気楽そうで、

G 「何が原因なの?何がストレス?子供?旦那?」

私 「彼氏はたまにストレスだけど(笑)、昔からたまに不眠気味、彼氏のいびきがうるさいのもあるけど、寝れる時は寝れる。」

G 「そのいびきは睡眠時無呼吸症候群かもしれないよ、この病気はね・・・・・」

と睡眠時無呼吸症候群についての長い説明が始まる。

そんなの知っているしパッくんは息止まったりしてないから・・・・・と思いつつ一通り聞いた後、

私「子供はいません、っていうか今IVFしてるけど、それ自体あまりストレスは感じてないと思うけど。。。まあお金が掛かるのは多少ストレスだけど」

って言ったら即効

G 「じゃあ養子をとったらいいよ!お金が掛かるって言ったけど、子供が居るのってお金掛かるよ~
。僕の娘なんてね、ピアノにお金は掛かるし、アメリカに留学するかもだし、1年で$50000はかかってるんじゃないかあ。
そして息子なんて、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

って自慢話を散々聞いて

私「でもあなたの場合子供を作るのにお金は掛からなかったんでしょ」


・・・・・・・・・・・・・、無駄な会話の後やっと睡眠薬の本題へ。

処方されたのはメラトニン錠。

ホルモンの一種のこの錠剤、以前から聞いたことはあって、きついのを試す前に試してみたかったけど、これも全く効かなかった。



そうして2日間、殆ど寝れずだったが、その後また普通に眠れるサイクルに戻った。

たまに数時間しか寝れない事もあるけど、まったく眠れなくはない。

次回またこのサイクルが来たら、もっと強いのを処方してもらうぞ、そしてこの医者には行かない!



残念な事にこういうダメ医者結構居る。。。。

病院系列のスタッフ・クリニックに居る1人の医者もこういう感じ。

紹介状をもらいに行った時も、私の顔もたいして見ないで、紹介状だけ渡して、はい、じゃあね~って追い出される。


別の年配の医者が私の一番のお気に入りだけど、彼にはたまにしか当たらない。

このおじい様医者は、紹介状だけもらいに行った時も、その後必ず
「で、ほかの身体の調子はどう?」

ってまっすぐ顔を見て聞いてくれる。

話しがはずみ、前述の30秒診察の医者とは大違い。


GPって、(他の医者もそうだけど)、人間性・経験・聞く耳が大切よね。。

人間性で思い出すのは学生時代出会った中東の医者。。。長くなったのでそれはまた次回書きます・

  


Posted by メル好き at 05:26Comments(2)医療

2014年11月20日

IVF経過 ロイヤル・ウィメン受診

妊娠しないまま、ついに先日40歳になっちゃいました。

中学生の頃に考えてた事がつい最近のように思い出せるのに、すっかり中年の仲間入り。

大人な余裕も大して出てきてないけど、この1年も楽しく過ごしたいな。



さて、本題のIVF。

今度はロイヤル・メルボルンに行ってきました。

これは元々は1年以上前に出来たポリープが始まり。

ロイヤル・ウィメンの婦人科に紹介状を書いてもらったけど、緊急性のない私のポリープはWaiting Listに乗せられ、順番が回ってきたのは1年後。
(そんなの待ってられなかったから私はプライベートで手術済み)

その婦人科の受診でIVF部門に紹介され、数ヵ月後の先日IVF部門受診。


その時会った医者はプライベートでもIVFを専門としてるから、その医者にプライベートで来週受診予定。


ロイヤル・ウィメンもメルボルンIVFと同じグループらしいけど、医者によって自己注射の量の考え方とか方針も多少違うし、違う医者のもと再度チャレンジしてみることにした。


ロイヤル・ウィメンはパブリックだからうんと安いと思いきや、IVFの場合はそうじゃない。

ICSIの場合メルボルンIVFと同じ$10037 
そのうちメディケア・リベートが$5605

違うのは採卵等のベット代のみ。

今回私はプライベートでなおかつ採卵等のみロイヤル・ウィメンで行う予定だけど、これが多少安くOPUで$318プラス麻酔科医($300くらい)、ETで$231

合計で$500くらいしか差額がでない。
(IVFって金額が大きいから、$500の違いって殆ど意味無いけど、良く考えたら$500って色々買えるよなあ。。)

IVFに関してはパブリックもプライベートも経費は同じってことですね。。。



年齢的にも金銭的にももう多数は出来ないから、あと1回か2回かチャレンジしてみるぞ。








  


Posted by メル好き at 14:57Comments(4)医療

2014年11月11日

IVF貧乏

なんだかバタバタな最近。
私の中では気分はもう師走。。

そんな中、今日はIVFのことでRoyal womensへ。そのことはまた次回。

その後は念願の散髪っ。

職場の同僚から聞いたコリアン サロン、35ドルでシャンプー、カット、ブロー付きというもの。

アジア人2人の同僚が気に入って通ってるとの事で行ってきたけど、、、
噂通り良かった。

日本のとこのサービス、技術には及ばないけど、3倍の値段は掛かっちゃうからね。。


1年以上カットしてなかった雑草のような髪、スッキリしたー!


というところ、次回も金欠だったら行くな。


帰り道に近所のスーパーでお買い物。

ひえー、最近バナナ値段高騰し過ぎじゃないですか?

エコバナナが$5.50で

普通のバナナが$6.99って、普通のバナナの方が高いってどうよ!


バナナ買うのもためらちゃうIVF貧乏な我が家でした。




  


Posted by メル好き at 15:36Comments(2)お買い物医療美容

2014年11月04日

一味変わった結婚式に行ってきました。

先日、パッくんの同僚の結婚式に行ってきました。

国際色豊かなこの国ならでは、カンボジア系オージー&サモア人のカップル。

きっとカンボジアでは結婚式は大・大イベントなんだろうな、なんと招待客400人以上、巨大な会場にテーブルがこれでもかってほど並んでました。

そしておそらく300人以上はカンボジア人。

新郎新婦のスピーチ等一切無し、最初っからバンドが出てきて歌い、そして踊りまくるという式でした。

カンボジアの踊りはちょっと日本の盆踊りと似ている。

大きな輪になってスローなダンス。



音楽も


氷川きよしばりのお兄さんでやはり日本と似てるような演歌系。

勿論私たちも輪に参加し踊ってきましたよ。


サモアって私にはあまり馴染み無いですが、新郎側の参列者は皆さんアロハシャツ系・首からお花の首飾りで、かなりハワイと似ている印象受けました。

サモアの音楽になると、待ってましたとばかりに皆さん陽気な踊りを踊りだし、これも見ごたえがあった。



カンボジア人大半の参列者のため、テーブルにはお箸!&アジア飯。

びっくりしたのは注文もしてないのに各テーブルにこれが配られました。


どーん!ヘネシーが配られました。 勿論頂きましたけどね 笑


 
結婚式は単純に幸せを分けてもらえる。

呼んでいただいてありがとう、お幸せに。


さて、本日メルボルンは競馬のため祝日!

1番人気の我らが日本のアドマイア ラクティに私も賭けます!



  


Posted by メル好き at 06:51Comments(3)イベント

2014年11月01日

ハロウィーンの夜に

オーストラリアでも人気になってきてるハロウィーン、昨日は仮装してる人沢山見かけました。

そんな大人の仮装はさておき、今年も見逃してしまったのが可愛いであろう子供たちの仮装。

ご近所さんから去年に引き続きハロウィーンの招待状頂いてました。


風船つきのこの招待状。
内容は、近所の子供たちが仮装して玄関先に風船のあるお宅を回ってきます。参加していただける方はこの風船を飾って置いてください。

というもの。

今年も昨日は私は予想された残業、パッくんも飲みに行ったので参加できず・・

仮装した子供たち見たかったし、ご近所付き合い深めるためにも参加したかったなあ。。



そんなんで2人とも21時過ぎに帰宅。

リラックスしたい金曜夜、ビールとおつまみでテレビをダラダラチャンネル変えてたら、昨晩も放映してましたね、ショーシャンクの空に。

2ヶ月に1回は放送してるんじゃないかって程だけど、大好きなこの映画そう思いつつも毎回見ちゃうんだよなあ。。

長いこの映画見てる私の隣でパッくんは静かに競馬新聞・競馬本でお勉強。

そして今日のダービー・デイの為に朝からおめかしして出かけていきました。


メルボルンはこの10月・11月は大レース続き。

普段から地方競馬をチェックしてるパッくんは、本拠地フレミントン競馬場へ今週・来週は毎日のように出かけていきます・・

大負けしませんようにってちょっと思いつつ、ここまで大好きな趣味があるのが羨ましかったりする。



11月の始まりの日にふさわしくなく、メルボルンは朝から雨風で肌寒い日。

もう11月!

毎日があっという間だなあ。



  


Posted by メル好き at 12:21Comments(0)イベント