QRコード
QRCODE

アクセスカウンタ

2013年12月27日

ふうやっと終わったクリスマス2013

クリスマスも終わり、ほっと一息(って私は何っもしませんでしたが・・・・)

でもクリスマス前のあのショッピング商戦、テレビをつけてもラジオをつけても人ごみを報道してて、見てるだけで何だか疲れませんか??


クリスマスパーティ第2弾の職場のは職場近くのパブで。大人数例のオージースタイルで皆立ち飲み。

第3弾は、いつも一緒に働く外科医T先生主催ランチへ。
彼の奥様、秘書、うちの病院からと、T先生が他にも行く病院からのナース達数名を呼んでの10名ちょっとの豪華ランチ@T先生ご自宅近くのポッシュエリアHawksburnの豪華レストラン。

私が御呼ばれしたのは今年が初めてだったけど、これ行きたかったのよね~。これに呼ばれると一人前のナースとして認められた感じで。。1つの目標達成だ~。

第4弾はパッくん友人宅でクリスマスイブディナー。

第5弾最終がクリスマス当日、パッくんのご両親宅で。いつものようにパッくん兄弟、姪っ子甥っ子集まり、大きなランチ。
お母様なんてハムも巨大な7キロの肉の塊買って、これをスライスして向こう数日食べるのよって皆に配ってたし。
・・・・世の中のお母様、本当にお疲れ様です・・・これを誰かが引き継ぐと思ったら・・・・ひえーっ大変だface30


ほらっ、私、今年も何もしなかったでしょ、ホスト的なこと・・・笑
でもクリスマス前は何だかあのあおりに載せられ忙しい気がするのよね~・・・


クリスマスプレゼントは年々縮小しつつあるパッくん家ですが、一応まだあります。
園芸大好きな皆なので、私達の皆へのプレゼントは植木中心。




パッくんのお姉さまには蘭、その2人のティーンネージャーの娘たちにはミニ盆栽。



お兄様夫婦にもお花、お母様にはリクエストのあった肥料。

甥っ子には映画券、競馬好きのお父様にはTABのギフト券。

私たちもバラの植木を頂き、早速前庭に植えました!



今年は2週間お休みの私ですが、パッくんは通常通り働いてるので遠出もないし。

なので家でわたし1人、のんびーりと過ごしています。

まあ1年でゆっくり出来るのはこの時期くらい、のんびり満喫します。

そうそうこの時間を使って、念願の大晦日にお蕎麦食べれる日本食レストランでも探してみようかな。

お蕎麦情報お持ちの方、ご存知でしたら教えてくださいね~。




















  


Posted by メル好き at 09:24Comments(2)イベント

2013年12月13日

クリスマスパーティー第1弾 オーストラリアのいい所発見!

で行ってきたのは、パッくんのお父様の兄妹パーティー。

しかも、昨日、木曜日の3pm開始という、パッくんお仕事中のため不参加、わたし1人参加・・・・完全に浮きます・・・・
(じゃあ行かないって言えば良かったのに、どんだけ図々しいの、私・・笑)


早めに着いてお母様のお手伝いをしたらってパッくんにも言われてたけど、よくあるトラムが30分以上も来ないというやつに巻き込まれ、仕事はピタで終われたのに、私の到着は4pm前・・はは・・・・

お手伝いもせずに、ついて早々お父様に白ワインやらシャンパンやら振舞われ、70、80代の皆様に囲まれ、お孫さんの写真を見たり、世間話し。

この年代に囲まれるのって、私意外と好きです。
祖父母に主に育てられたためかな?

うちの田舎のほうは、「お茶のみ」という風習があり、10AMもしくは3PMあたりに、近所のおばあさん達が誰かの家にあつまり、たわいもない話、ゴシップ等をするものがあったんだけど、小学生の私とか一緒にお茶を飲んでたな~。

そんな、お茶のみを思い出させたこのパーティー。
これがもっと若い年代とグループだったら、もっと緊張もするだろうけど、意外と楽しく時間を過ごせ、あっという間の時間だった。


改めて思ったのが、プライベートを尊重してくれるこの文化、素晴らしい、大好き。

ディ・ファクトのパッくんと私、これに対して、「なんであなた達は結婚しないの?」とか、
「早く子供でもつくって・・・」
なんていってくる人なんて誰もいない。

これが日本で親戚の集まりに私とパッくんが行ったりしたら、、、???

言葉の袋叩きにされること間違いないからっっface30

というか今でも十分「結婚もしないで子供もなしで海外で何をしてるんだ」ってきっと思われてるから・・笑

私が親戚に会う機会も少なくなったと思いきや、年に1度日本へ帰るのは冠婚葬祭に併せてってのが多いから、以外と親戚には会えてるんだよなあ。

その際に私がボコボコまでにされてない理由は(ボコくらいのパンチは勿論うけます)、ずばり、ガイジンなパッくんに皆興味深深で、皆田舎人だから変に英語を喋りたがったり、妙に緊張したりしているからかな・・・・(ああ、私の家族・・涙)

そう思ったら、パッくんと一緒に日本帰国することで守られてる私。
これからも1人で日本に行くことないよう、毎回来てもらわなきゃ・・・。


なんて思ったクリスマスパーティー第1弾でした。

今日も職場のクリスマスパーティー、職場のは楽しそう、みな暴言はきまくるだろうから・・・笑  また報告します~。






  


Posted by メル好き at 10:23Comments(0)イベント

2013年12月11日

手術後の更なる請求書

早速来ました、請求書たち・・・・

これだけは早い気がする、オーストラリア・・・


外科医への支払い $350
ポリープの組織検査代  $287

組織検査代はどうやらメディケア補助あるらしい。
外科医請求書には、書面には何も書いてないが、補助があるのかないのか、メディケアに行ってみて確認予定。

組織検査代と外科医代がほぼ同じってどうなんでしょう・・・

同じ手術室で働く身としては外科医にもう少しあげてもいいんでは、なんて思っちゃうけど、組織検査もきっと色々お金のかかるプロセスなのかなあ・・・・?


私のメディケアカードは、銀行口座とリンクしてるから全てが自動的に口座に振り込まれると思いきや、実はそうでない。

メディケアの方の説明によると、全ての施設がリンクしてるわけではないようで、やはり自分で確認しないとダメらしい。

実際私の婦人科医への支払いはリンクしてなくって、メディケアに行き、レシート提示し、という昔のプロセスが必要だった。


引き続き血液検査やら色々してるから、請求書だらけになってきてるわ、ひえ~医療貧乏~face30

面倒くさいけど補助は本当にありがたい、地道に確認していこう・・・・






  


Posted by メル好き at 08:18Comments(0)医療

2013年12月06日

ズッキーニの花の詰め物

今年初挑戦のズッキーニ.

すくすくと大きくなって大きな花をつけました。




綺麗な花です。

ズッキーニの実は放って置くとびっくりするくらい大きくなるらしいが、何がダメなのかうちのは大きくならず、待てど暮らせど大きくなる様子なく、先日ついに収穫したけどやはりこの小ささ。


美味しかったけど・・・・・小さい・・・・どうすればもっと大きくなるのかなあ。


噂に聞いてた花の詰め物も挑戦してみました。


ズッキーニの雄花を収穫。

花の中を洗って、先日のSBSの FOOD SAFARI のレシピを何となく真似して、たっぷりのパセリ・ハーブ、パン粉、パルメザンチーズ、オリーブオイル、塩コショウを混ぜ、再度花につめて


上から更にオリーブオイルをかけてオーブンで20分くらい焼いて食べましたが、

これが何とも美味!

ズッキーニの実以上に美味しいかもっていうくらいでした。


雄花はお花だけ、雌花は花の下に実がなるのですが、次回は花の咲き終わった雌花で詰め物ってのもありだな。


実もお花も美味しいズッキーニ、これは来年もリピ決定です!



  


Posted by メル好き at 07:14Comments(0)家グルメ

2013年12月04日

初手術体験記 in Australia

最近不健康な私。

コレステロールは高いし、甲状腺刺激ホルモンはやや高く再検査予定、膝痛もたまにありですが、
昨日は子宮内外に出来たポリープ除去術のため、Cabrini病院へ行って来ました。


6;45AM
病院到着、受付済ませ、ガウンに着替え、トロリーに乗り手術待合室へ移動。
婦人科の手術のため、使い捨てのパンツをはくんだが、このパンツ、意外や意外、割と快適で思わずナースに
「これ意外と快適ですね」
って言ってみたところ彼女も「でしょでしょ!」ってのりのりに返答してくれたよ。彼女もはいたことあるのかな・・・?


7;50AM
麻酔ナースと対面、既往歴等再度話し、その後麻酔科医と対面、更に既往歴話し、麻酔の副作用とう説明され同意書にサイン。
私も手術室看護師、その麻酔科医は以前私の勤務する病院で働いてたらしく、共通の医師の話し等雑談交えつつ和やかに経過。

付き添ってくれたパッくんとはここでお別れ。
緊張感のない私達、この待合室でもガウン姿の私の姿を写真撮ったりしてましたけどね・・


8;10AM
手術室へ移動。
手洗い看護師の私は、遠目から手術器具を観察、ふむふむ、やはりほぼ似たような器具だなと安心し。
外科医とあいさつ。

その後点滴挿入され(これがこの日で一番辛かった)、麻酔導入約入れられ10秒も立たないうちに深い眠りへ。
以前の全身麻酔時も思ったけど、この眠り、すごく気持ちいい、マイケル・ジャクソンが中毒になったのも、ちょっと分かるような・・・はは、危ない発言ね・・笑

その後挿管され、婦人科の体位(足を上げられ広げられるあれね)を取られ、手術開始したんだろうね。

後から計算するに、手術時間20分程度。


9;10AM
「口を大きく開けてー」
との声で目覚める。
口からチューブを抜かれ周りを見るがまだまだ眠い。回復室に来たんだな、とは分かったがまた眠る。

でも30分もするとすっかり目覚める。短期作用の麻酔薬、流石!
血圧等のバイタルサインは安定してたが、出血がちょろちょろと続いていた為、頻回にパットを交換してもらう。

生理痛のような重いお腹の痛みも徐々に治まり、すっかり元気になり、回復室ナースと雑談したり。


10;50AM
日帰り手術の人用の回復室へ移動。
ここでなんと早速サンドイッチ。
ちなみにここでは飲み物のチョイスは、コーヒーか紅茶、またオレンジジュースかりんごジュースか選べました。

全身麻酔後はきっとしばらく食欲なくなるから、しめしめこれでダイエットできるな、なんて手術前は思っていたものの、この時点ですっかり元気になっていた私、全て間食し(とほほ?)。

ガウンから服に着替え、点滴も抜いてもらい、お迎えのパッくんに連絡を入れてもらう。


11;45AM
出口まで連れて行ってもらい、パッくんと対面、すっごく元気な私をみて彼もびっくり。


元気だったけど、全身麻酔後だし、午後は寝てすごす。

でも夜になって多少の頭痛、腹痛がしたが、軽度のため薬も飲まず。結局処方された鎮痛薬も手をつけず。




更に一晩寝て、すっかり元気。
出血もほぼ治まった。

今日まで病欠取ったけど、なんだかずる休みしたような気分。

でもまあ昨日が手術だったんだし、今日はゆっくりしなきゃね。こうやってブログ書く時間も持てたし。


それにしても・・・・
侵襲の少ない手術後ってなんて楽。

以前日本で腹くう鏡の手術を受けたときは、傷口の小さな手術なのに数日はうなってたからね・・・・


そして今回思ったのが、会う人会う人みな笑顔で親切だった。
時々冗談も言ってくれるナースや、忙しそうなのに毎回通るたび大丈夫って聞いてくれたり、移送してくれただけのナースからも「All the best!」
って言ってくれたり。


忙しかったり、信じられない同僚にキーってなり、ずっと笑顔でいられないこともあるけど、患者さんは見てる。
笑顔でいなきゃね。



で、気になる費用ですが、
麻酔医費 $350   このうち$100くらいメディケアから戻ってくる予定
病院費  $1041  これはメディケアの補助全くなし。

ここまではもう支払い済み、あと請求書が外科医、ポリープの検査代が来る予定。

私はプライベート保険に入ってないからそれ以上の補助はないけど、これだけしてもらってこの値段、妥当なのでは?
ナースにも全部で10人くらいお世話になったし、綺麗なガウン、綺麗なベット、手術使用代等を考慮すると。

でも勿論頻回にはこんな値段払えないし、$2000とかの請求書が更に着たりしたら話は別ですが。

あと、今回プライベートの保険がないってことで、朝イチの手術にしてもらったけど、それも重要。

もし何かあって、その日1日入院することになったら、病棟使用量で多額に請求されるしね。


ともあれ、Cabrini病院の皆様、お世話になりました。
病欠を取ってくれ、病院でずっと待っててくれ、元気な私にも「寝ろ寝ろ」と病人扱いしてくれたパッくん、ありがとう。


今日1日大事をとって、明日からこの経験を生かし、笑顔で仕事頑張るぞ~。



  


Posted by メル好き at 08:14Comments(5)医療