QRコード
QRCODE

※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ

2017年07月19日

プラハの物価

プラハの物価は物による。

普通に住むのであれば日本やオーストラリアに比べると全てが安い。


スーパーで買った中央のチーズ20コルナ 100円、
総菜コーナーで購入した右の小さなタッパー、キャベツのサワークラフト16コルナ 80円、マスのマリネ 21コルナ 104円。
写真に写っているパテもトマトも安かったし、小さなパンも40円とか。

これらは全て街の中心にあるスーパーマーケットTESCOで購入したもの。

TESCOの上は小さなデパートになっており、そこで売っている服や靴は決して安くない。(殆どが有名外国ブランドなため)



観光名所の王宮への入場料も安くなかったし、



王宮周りで食べた観光客向けのレストランも安くなかったし、このパンの様なチェコ名物のダンプリング。
この旅1番のまずさ、このソースも美味しくない。

王宮周りは観光客向けのレストランばかりだが、そこで食べれるよりは王宮内にある屋台の方がいいかも。そこからの景色も良いし。


プラハからミュンヘンまで電車移動したが、約6時間の列車の旅、2等車で15ユーロ。
これは激安だと思う。
(早割値段、早めに予約すると安いが、直前に購入すると倍以上の値段です)






Air B n Bで予約したプラハのメイン駅から徒歩5分のアパートメント。
決して豪華ではない、小さなベランダ、小さなキッチン、小さなバスルームつきの1ベットルームのお部屋。
それで1泊130㌦。


住むのにはおそらく安いが、観光客として訪れるのには、そこまで安くないな。





  


Posted by メル好き at 07:25Comments(0)チェコ旅行

2017年07月18日

プラハ国民劇場でオペラを見てきた

旅行時期に見たいものが上演されているかは運次第。
プラハ滞在中にオペラ蝶々夫人が上演されてるのを知り、街の至る所にあるインフォメーションセンターでチケット購入。

売り切れぎりぎりで購入できたので、席はステージから1番離れている一番上の階の端っこ。
そこからステージを見ると、高層ビルから下を見下ろしている感じ。


オペラハウスってこんなに縦に長いのね。


初オペラ、持参している服の中で着飾っていったが、カクテルドレス、ボウネクタイの超フォーマルな人も沢山!

席はステージから離れているが、どっちみちオペラグラスを借りるので、私達には十分。
この席、10ユーロか20ユーロと破格だった。

イタリア語のオペラ、チェコ語と英語の字幕付き。

途中休憩にはテラスに出て





飲み物と共に休憩。
シャンペンやジュースやお水等、場所柄の割にお得な値段だと思う。

昨日散々見た景色も、オペラの休憩中、テラスから見てると思うと、一段と綺麗にロマンチックに見えるから不思議。

初オペラは大・大満足。
後ろの席だが、この値段で見れるんだったら、私はこの値段で何回も行きたい。

プラハは国民劇場の他にも大きな劇場が幾つかあり、そこでもオペラ・バレエ・クラシックコンサートが行われている様子。

旅の日程と合うかは運次第だが、見たいものがあれば全力でお勧め。

メルボルンでもこんな値段だったら気軽に行けるのにな・・・・
  


Posted by メル好き at 08:03Comments(0)チェコ旅行

2017年07月17日

プラハの新市街の至る所にあるホットドッグ・スタンド

新市街では至る所にホットドッグ・スタンドを見かけた。




メニューはホットドッグ・カツレツ・ハンバーガー・ソーセージ。
ビールもホット・ワインも売ってます。



セルフでトマトソース、マスタードをかけます。
ソーセージがパリッとしてて、固めのパンとの相性がいい、美味しい。



白ソーセージ’とキャベツのサワークラフト。これも美味しかった。


24時間開いてるの?っていうくらいいつでも開いてたし、安くて早い。
パッくんの夜食にもなったし、私のように朝からこういうものが食べたい人にはぴったり。
椅子もテーブルもないスタンドのみだけど、安い・早い・うまい。
意外と使えるホットドッグ・スタンドです。


  


Posted by メル好き at 13:36Comments(0)チェコ旅行

2017年07月16日

噂は本当だった チェコはビールが安い



濃厚なお味にこのクリーミーな泡。
チェコはビール天国icon12

ステーキハウスで頼んだこのスクーナーサイズのビール、幾らでしょう!?



45コルナ、日本円で220円!



スーパーでは、チェコを代表するビールKozel、
500mlで10.90コルナ 50円‼

何でもビールの値上げにチェコ国民が断固反対し、この値段が保たれているとか。

ビールが安いだけあって近隣国からのビール目当てのグループが多い。
至る所で10人くらいの男性集団を見かけたて、街は酔っ払いだらけ。

行く前はロマンチックなイメージばかりだったプラハ、実はパーティー・タウンなのね・・・・・



ベランダでほっこりビール時間。チェコが本場のバドワイザー。
忙しくなりがちな旅行なので、こういうほっこり時間が大切。





  


Posted by メル好き at 07:25Comments(0)チェコ旅行