QRコード
QRCODE

※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ

2017年07月15日

ブダペストからプラハまでの列車移動 駅で働く職員からチップを要求されたの巻




ブダペストの駅。
何となく東ヨーロッパっぽい、切ないホーム?

駅に着いた私達、掲示板を確認するが私達の乗る電車情報はなく、近くに居た制服を着た職員さんらしき方に尋ねた。

陽気なその男性、ついて来て、といい歩きだし、私の荷物を持とうかとも聞いてくれた。
お断りし、パッくんとその男性は歩きだし、私はその2人の後を付いていったが、
・・・・・・怪しい。
陽気にお喋りしているパッくんは気づいてなかったが私はそう思いだした。

列車まで案内してくれ、更にはスーツケースを高い荷台に乗っけてくれた。
これはもう間違いない。

そして案の上チップを要求してきた。
しかもまだこれから向かう別の国、チェコの紙幣を。
持ってない!と言い張れば良かったが、こういうのに気前のよいパッくん、イギリスポンドを渡してた。

チェコやハンガリーは3桁や4桁の0の多い額面なので、5パウンドは彼にとっては少額に見えたのか、これでは少ないと要求してきた。

黙っていられなくなった私は、
「5パウンドは高額なのよ!」(そんなこともないが)と言うと彼はそそくさと逃げるように去っていった。

注意して周りを見渡すと、同じような服を着ている、そして観光客を車両に連れてってる人が居るいる。
職員の振りをしているこういう人に皆さんも気を付けてね。(って騙されるのは私達ぐらい?)

チップを払って案内してもらうのを構わない人にはいいが、そうでなければ、なかなかギリギリまで表示されない掲示板前で気長に待ちましょう・・・


肝心の列車の旅は、これが私達の列車

表示にWifiとも書いてあります。

最初で最後の1等車。
1等車は2席・1席の作りで2席ずつ両側にある2等車より多少広いシートと、お水が付くのが違い。
今回は差額が1等と2等の差額が少額だったので1等席にしたが2等席でも十分快適。

ハンガリーのサイトから予約し、予約番号を駅のホームにあるマシンに入力しチケットを発見する仕組み。
お値段35ユーロ。





食堂車で優雅にワイン&ランチ。

9;25ブダペスト→16;05プラハという日程。
飛行機に比べ時間は掛かるが、ブダペストの街の中心からプラハの中心までの移動、列車内を食堂車へ移動したりと動き回れる、車内で素敵なランチが食べれレストランに行く時間節約、Wifiが使える、等の理由から私達は列車移動を選択したが良かった。

ぼーっと眺めていた何気ない景色・時間が、旅をしているんだな〰感を更に高めてくれるし。
快適な電車移動でした。



  


Posted by メル好き at 07:30Comments(0)ハンガリー旅行

2017年07月14日

ブダペストで食べた美味しい物たち



ハンガリーだけど中東料理、Hummus Bar。
宿泊先のAir B n Bの方が勧めてくれた、ここブダペストではチェーン店のお店かな。
お昼から通しで夜まで開いているので、ロンドンから到着し宿にチェックインし16時ころになった私達の美味しいランチになった。

パッくんご注文のピタブレッドに挟む鳥のレバーも美味しかったし、写真手前の私のファラファルも良かった。

ロンドンのぬるーいビールに嫌気がさしていたので、このチェコ産のよく冷えたビールも美味しかったこと。





1日目朝、いい朝ご飯を探し中心部を歩き回り、地元客が列をなしてる店を発見。
こういう朝食が好きなパッくんは気に入って次の日も来たいって言ってた。
普段朝ごはんにも前日夜の残り物とか、麺系を食べたい私には、ヨーロッパの朝ごはんはちょっと物足りない。







このお店も滞在先から徒歩数分。
ハンガリーの家庭料理のお店で初めて食べるのに懐かしいようなお味と雰囲気。




観光名所でもあるブダペスト中央市場で購入した果物たち。
市場で売っているものはお肉も果物も安い。
写真撮ってないが、沢山種類のあるサラミ、パン等も購入したがどれも安かった。

ただマーケット2階にある食堂は、他の方々のブログを読み多少知っていたがぼったくりです。
普通の3倍くらいの値段だったと思う。

私達が行った時はイタリア人観光客が90%くらいとイタリア語が飛び交っていたけれど、隣に座ったイタリア人達と、
「こんな値段はあり得ないよね、ぼったくりだよね」
と文句を言いながら食べたのも、今となってはいい思い出?

出来る事なら市場で買い物はして、2階は見るだけにして、食事をするのは避けたいところ。

地下にはメルボルンでもお世話になっているスーパーマーケットのALDIもあります。
ALDI好きの私としては外せなく入ってみたが、店内の配列はほぼ同じ、売っているものも同じようなもの。
メルボルンに居るような錯覚になります。
ここにまずは行き、ブダペストでの値段の感覚を確認してからすぐ上の市場に行くといいかも。





ハンガリーに出張によく来るグルメな友人から聞いていたこのお店、
彼がお勧めするだけあって美味しかった。
私のレバーソテーは焼き加減が絶妙でとろけた。

赤ワインの有名なハンガリー、店員さんの勧められるまま2杯違うのを頂いたが、美味しかった。

現地の美味しい物たちを食べるのは旅の醍醐味。幸せだ〰icon12


  


Posted by メル好き at 07:35Comments(0)ハンガリー旅行

2017年07月13日

ブダペスト 景色が絵になる街

ハンガリーに行くことを決めてから、多少のリサーチをしたが、その都度目を奪われたのがそのロマンチックな景色。

議事堂だってドラマチックで、


有名なチェーン・ブリッジが見渡せる街の西側(ブダ側)の王宮からの景色は外せない。



昼間でも充分綺麗だが、夜になると






宝石を散りばめた景色icon12

最後の写真にちょこっと写っているが絶景を見渡せる場所にカフェ・バーがあり、こんな景色を眺めつつワインなんてのもありです。

公共交通機関も電車・バス・路面電車と充実。

ディナー後、夜景を見に王宮へ出かける時もバスで簡単に行けたし、空港から市内までもバス・電車を乗り継ぎ簡単にアクセスできるし、お値段も安い。

ブダペストは今回の旅でベスト3に入るくらい気にいった街。

  


Posted by メル好き at 07:35Comments(0)ハンガリー旅行

2017年07月11日

ブダペストはクラシック天国 ハンガリー国立オペラ劇場とリスト・アカデミーのツアーに参加してきた


ハンガリー国立オペラ座




ここはブダペストで是非とも行っておきたかった。

入場する方法としてはここで行われているクラシックコンサート、オペラ等のチケット購入、もしくは毎日行われているツアーへの参加。

ツアーは毎日15時、16時に行われているとのことで30分前に着いてみると、人・人・人!で溢れかえっている。
案の定15時のツアーのチケットは売り切れで16時のを購入し、近くのカフェでコーヒータイム。

この辺りはオペラ座周辺っぽく、きれい目なお店ばかり。
ブダペスト中心とは雰囲気が違いそれも新鮮。

さて、16時前にオペラ座に戻ると、またもや人人人!
ブダペスト3泊滞在中、ここが一番の混雑さでした。

ツアーは英語・フランス語・イタリア語・ドイツ語・スペイン語等に別れており、国旗のもとに集合。
英語チームは更に2グループに別れたが、それでも1チーム40人は居たかな。

日本語ツアーも毎日ではないがあったはず。
開催されている曜日に当たると、日本人は少なそうだから小グループで回れるだろうからいいかも。

館内写真撮影は別料金だったので、私は追加せず。


写真お借りしましたが、こんな豪華さっ。

ツアー後10分程度のミニコンサート(これも別料金)があったが、これはお勧め。


オペラ歌手が出てきてこんな近くで歌ってくれた。

オペラって凄いっicon12
同じ人間とは思えない、体を弦楽器のように響かせ歌うのにすっかり魅了され、思わず涙が出た程。

このミニコンサートで歌ってくれるのは有名なオペラから、更には有名な個所を歌ってくれるので、きっと誰でも知っている曲です。

ここは1つ前の記事に書いたブダペスト・カードで割引が10%とか効いたかな。
人気のあるところの割引率は低いみたい。


ブダペストには、作曲家でありピアニストのリストが設立した、リストアカデミーのツアーもありここにも行ってきた。




ここはオペラ座と違い人気はあまりないようで、ツアー参加者も15人程度。


大きく威厳のあるパイプオルガン。

その夜のコンサートのリハーサルをしてた。

ツアー中に知ったがそのコンサートはタダ。ということで一旦帰り行ってきました。
この学校の生徒さんがメインのコンサートだったが、質の高い事。
客層は皆着飾ってて、タダのコンサートは思えないほど。
プロの様なオーケストラ、オペラ、ピアノソロありで大満足の内容でした。


どちらのツアーの満足度の高いもの。
ブダペスト、クラシック音楽・オペラ・バレエファンにはたまらないイベントが盛りだくさんの街。
(そしてきっと西ヨーロッパに比べたらずっとお安いはず)
次回はここを訪れる時はコンサート等をもっと下調べし、音楽三昧の旅にしたい。












  


Posted by メル好き at 08:13Comments(0)ハンガリー旅行

2017年07月08日

ブダペスト St Stephen's Basilicaとお得なブダぺストカード



国会議事堂前に掲げられている国旗。
ロンドンから飛行機でさくっと来れちゃうけど、ああハンガリーなのね。

初めてのブダペスト。






たまたま選んだAir B n Bのお宿は観光名所らしい、
St Stephen's Basilicaの目の前のアパートメントで、ベランダからの景色は・・・こんなによく見えるicon12



教会の中も素敵ですが、お勧めは展望台からの眺め。



エレベーターで昇れる(別料金)ここからの眺めはブダペスト市内が眺められとっても素敵。

ブダペストは観光地なので誰もが英語を話すし、街のサイズ、景色、アトラクション総合し、とっても気に入った。

観光地だけどそこまで混みあってないのもいい。
(次に訪れたプラハは観光客が多すぎて、どこに行っても行列だしレストランはどこも満席だしで散々でした)

ブダペストでは、交通機関が1日乗り放題になる、プラス施設入場が割引になるもしくはタダになるブダペスト24時間カード(2日間券・3日間券もある)がお勧め。

人気のアトラクションは割引率も低いけれど、2か所ぐらい行けば簡単に元が取れちゃうカードだと思う。
私達はこれを使って色々な所へ行きまくった。ゆっくり書いていきます〰。


  


Posted by メル好き at 08:47Comments(0)ハンガリー旅行