QRコード
QRCODE

アクセスカウンタ

2017年02月19日

何時に行くのがベスト❓ White Nightに行ってきた

行きたいと思っていたWhite Nightにやっと行ってきた。

メルボルンでは2013年から始まったそうなので、5年目にして。

混むと聞いていたので20時に就寝、3時半に起床して4時にはシティに着いた。


CBD内に車を止め、歩き出すと早速どこからか大音量。

お、早速White Nightのイベントか?と思ったが、クラブ、バーからの
大音量とその近辺でたむろう酔っ払い達・・・・

メインのスワンストン・ストリート到着。
思った以上にまだまだ人はいるが、普通に歩ける程度。

まずはアートセンターに向かったが、期待外れですぐ撤退。
ヤラ川にも何かあると聞いていたが、何もなし。
見れたのはいつも通りの夜景のみ。

あれ?もう終わったのかな?と思いだした。

タウン・ホールもフリンダース駅も何も見れなかった。

州立図書館への入場はそんな時間でもまだ行列ができていたが、何だか期待外れ。
QV内のショーも私達にはいまいち・・・

QVと図書館の間の光の雨、傘をさして通るところも私達には興ざめで通らなかった。

この時点でもう5時。
がっかりだね、帰ろうか、と2人とも言いだしたが、念の為帰り道にロイヤル・エキシビジョン・ビルディングまで行ってみた。

遠目からの光が綺麗だったので降りてみた。

このショーは良かった!
近くでと遠目からと2回見たけど、パッくんが帰ろうって言わなかったらもう3回くらい見ていられるくらい。

建物の裏では炎を使った音楽隊演奏がやっていたけど、これも迫力があってよかった。


ロイヤル・エキシビジョン・ビルディングにいくまでは、期待外れ感が隠せなかったが、このショーを見て救われた。
これだけを見るのにでも来年も考えてもいいかも。


朝の4時、5時に来ることのいい点としては、まずは人込み。
まだ人は居るが、快適に歩けるほど。

それに駐車場問題。
CBD内にも楽々駐車できるし、シティからロイヤル・エキシビジョン・ビルディングにも車で移動できるし、ここでも駐車できる。

次に治安の問題。
酔っ払い・変な人・ギャングメンバーらしき人は多々見かけたが、警察は凄い数いたし、これは早い時間でも一緒かな。
いつでも周りに気を付けていけないってのは一緒。


悪い点としてはお祭りムードに欠けるかも。

これは???だが、ショーが終わっちゃってる可能性もある。
その為フリンダース駅周辺には何も見どころがなかったのかな?


5年分の期待があっただけに、私には残念感のあったWhiteNightとなっちゃいました。











  


Posted by メル好き at 14:21Comments(0)イベント

2017年02月18日

近所でのオークションに行ってきた

ご近所のお宅のオークションに行ってきました。

50-60人くらい参加者が居たけど、半分以上は私達のように近所の興味本位の住人達。

残りの半分の80%くらいは勿論本気の中国人。


オークション開始。
開始額なんと$1.5ミリオン・・・・feel17

最初は静まり返ってたが、本気中国人バイヤー達が徐々に値段を上げていき、最終的には$1.8ミリオンで売れた。



私達のような近所の興味本位参加者は、オークション中ご近所のゴシップをお喋り。

顔なじみになった両お隣さん、お向かいさん、そしてその人たちから3件隣さん等を紹介され、徐々に輪が広がっていく。

そう、オークションってご近所さんと話すきっかけができる格好の場。

物騒になってきている昨今、ご近所さんとの繋がりを作り、地域でもって治安向上ってとっても大事だしね。

(以前不審者を目撃したときも、お喋りな私は近所の人に喋りまくり、それがきっかけでその後話すようになったって経験もあり)


それにしても・・・
至って普通の3ベッドルームの家がこの値段・・・・
メルボルンの不動産ブーム恐ろしい。。


  


Posted by メル好き at 10:44Comments(0)マイホーム

2017年02月09日

今年も行ってきました タダでクラシックコンサート@Sidney Myer Music Bowl


メルボルンの夏のお楽しみの1つ。

メルボルン・̪シンフォニー・オーケストラの演奏が入場無料で聞けちゃうという、太っ腹な企画です。




会場となるシドニー・マイヤー・ミュージックボウルは、前は普通の座席、後ろは芝生のピクニックエリア。

暑かった昨日、日の当たる芝生席は暑すぎると、座席エリアを探ってみると、意外や意外、18時過ぎには空席がまだまだ沢山あったので、前から4列目を陣取った。

19:30開始、19時前には空席はなくなった。

昨日はロシアの作曲家特集。

お気に入りの曲目ラフマニノフは特に素晴らしく、私含めスタンディングオベーション、拍手が止まらなかった。

今週土曜日、来週とあと2回開催されるが、来週は日本人の指揮者の方!

残念ながら土曜日は行けないが、水曜日は勤務変更も手配済なので行ってきます。

クラシックをお手軽に聞けるこのイベント、是非どうぞ。

  


Posted by メル好き at 13:02Comments(0)イベント

2017年02月07日

最近の1番好きなお肉はカンガルー肉

タイトル通り、最近になってカンガルー肉にはまっております。
(それまではラム肉が1番、今でもお肉の中では1番よく買う)


オーストラリアに来た当初、環境問題に厳しいシェアメイトが食べていた記憶があるのみで、私自身食べたことは数回のみだった。

何がきっかけだったんだろう?安売りしていたのかな?
買う機会があったので、ミディアムレアのステーキでスライスしてサラダに載せたところ、美味しい!

その後すっかり気に入って5、6回購入した。

匂いがキツイとよく聞くが、ワインやハーブでマリネしておけば全く気にならない。

お肉コーナーの片隅だが、だいたいスーパーにおいてます。


写真のフィレの他、マリネしてあるもの、ソーセージなどなど。

ビーフ等よりもお安く、環境にも優しい。お試しあれ。








  


Posted by メル好き at 15:23Comments(0)家グルメ

2017年02月05日

白髪染めの開始時期に悩む

年の割には少ない方だったのに、その分を取り戻すべく、この半年くらいで一気に来ました白髪・・・

月1くらいでパッくんにカットしてもらっているが、髪をかきあげると短い白髪があちこちに見え、みっともないったら。。

染め始めると延々とあと何十年も続けなければいけない、と思うと、最初の一歩がなかなか踏み出せない。


髪型も、今までのように何でも好きなように、は白髪交じりの髪ではできなくなると思うと寂しい。

60歳くらいになったら、染めるのを辞めて白髪で楽しみたい髪型は浮かぶが、40代、50代で白髪頭の自分を想像できないから、残された道は染めるのみなんだけど、
染め始めると延々と続けなければいけない、と思うと、面倒くさくて伸ばし伸ばしになっちゃうんだよね・・・・

  


Posted by メル好き at 06:33Comments(0)美容

2017年01月25日

またもや新たなラーメン屋さん@十八番らーめん

もとは桃太郎ラーメンがあったとこかな?新たなお店を発見。

定番のラーメンの他、トマトベースのO Sole Mio、辛めラーメンもHell's Red等、名前が変わってる。

スタンダードかデラックスを選べ、デラックスはトッピングが豪華。

私のご注文は、ガーリックスープベースのDavil's Amen、それをデラックスにして

こんな感じ。

コクのある黒スープ、ふんだんに入っているマッスルが美味しかった。

真ん中に載っているプリントされているのりも勿論食べれます。凝ってる。

トマトベースのO Sole Mioは、麺がズッキーニの麺に替えれるようなので、今度はそれを食べてみたい。


一足違うメニューを見ながら、どれを食べようと迷う時間が楽しいラーメン屋さんかな。



RichmondのBridgeロードです。

  


Posted by メル好き at 07:22Comments(0)グルメ

2017年01月16日

日本・韓国旅行⑨ B級グルメが美味しい日本の旅

10月の日本帰国。
友達と会えたのは数日で基本1人で行動していたので、1人飯沢山しました。
どれも涙が出る程美味しかった。



韓国から関空に到着し、実家まで帰る高速バス待ちの間食べた鴨南蛮うどん。
最終日に韓国でお腹を壊し、まる1日何も食べてなかったので、この夕食のうどんがこの日初の食事だった。
優しいおだしのスープが体に染み渡ったな。




メルボルンにも支店のあるゴントラン・シェリエの新宿店。
日本ではコーヒーとクロワッサンのセットが450円。
なぜメルボルンはこうも高いの〰!?




びっくりドンキーのハンバーグ。
この時は歩きまわって空腹120%で、このハンバーグの美味しさに涙しそうになった。
日本のハンバーグ大好き。



早朝から開いていた新宿のうどん屋さんで朝からカレーうどん。




名前忘れちゃったけどチェーン店のエビマヨ・アボカド・パニーニ。
フリーwifi目当てで入ったけど、エビとマヨネーズとアボカドのミックスが想像以上に美味しかった。




天丼てんやの天丼・うどんセット。
翌日が帰国日だったこの日。
この天丼屋さんと吉牛が隣同士で、最後の晩餐のように店の前でメニューを見比べ真剣に迷った。

暑かったこの日、さっぱりざるうどんと冷たいセルフサービスのルイボスティーの美味しかったこと。
天丼も素晴らしく、憎いことに追加でかけれる天つゆまで常備されていた。

カウンター越しに見えるパートのおばちゃんたちのサービス・機敏さったらそれはもう素晴らしく、感動すら覚えた。




最後の食事は成田空港代3ターミナルで讃岐冷うどん。
うーん、このコシといいさっぱりお汁と言いたまりません。




最後の飲み物は搭乗ゲートで軽井沢ビール。
日本の思い出を振り返り1人でほっこり時間。
美味しかったのは勿論、このビールを買ったら見事に日本円硬貨がぴったり無くなったのだから、運命としかいいようがありませんっ。


それでもまだ、これも食べたかった、あれも食べたかったっていうのが多い日本。
うどんばっかり食べてラーメン食べれなかったし、餃子も食べてない。
吉牛も行きたかった。

次回の帰国が今から待ち遠しい。



  


Posted by メル好き at 08:29Comments(0)日本旅行

2017年01月14日

日本・韓国旅行⑧ カプセルホテルに泊まってみた

10月の日本帰国時の続き。
パッくんの来れなかった今回。怖がりな私は、日本での宿は「バックパッカーもしくはカプセルホテル」って決めていた。

カプセルホテルは今だ男性客が中心のようで、2泊予定の東京では選択肢はそこまでなく、新宿区役所前カプセルホテルにすんなり決定した。

カプセル内は想像通り。




こんな感じでカプセルが並んでいて、中もご覧の通り。

一旦カプセル内に入っちゃえば、中では横になる以外何もできないので狭さは想定内のものだが、出入りがちょっと大変かな。

テレビは横になるとスピーカーが耳近くになるような作りの為、イヤホンなしでも周りに迷惑にならず聞こえる。

今回は2日とも下段のカプセルだったが、上のはもっと面倒くさそう。


連泊でも毎回チェックアウトが必要で、カプセル・ロッカーとも空けなければいけないのがちょっと面倒。


1日目のカプセルはお風呂の近くで夜中までドライヤーの音がうるさかった。2重扉にするべし。
しかもこの日は向かいの方のカプセルの大いびきまで聞こえ、夜中にフロントまで耳栓を買いに行った・・・

2日目のは行き止まり近くの中心から離れたカプセルで静かだった。


カプセル内では何もできないので、共用のテレビ・食堂・バーのあるラウンジルームで私はほぼ寛いでテレビを見ていたが、ここは驚くぐらいガラガラ。

久々の日本のテレビが面白くって、テレビ前にある快適なソファーに座り、食堂・バーから一杯頼みテレビを見るってのを2日間していたが、いほぼ貸し切り状態だった。


あ〰快適。

食堂のおじさんも暇なのか、チューハイを注文すると
「ちょっと濃い目に作っておいたからね」
とか言ってくれるお茶目なおじさんだったのに、なんでガラガラだろうかね。みんな外に出るんだろうね。

ここはおつまみはあまりなく2日目には近所のスーパーから買って来て、


完璧な1人宴会。

ここで16時〰19時あたりまでテレビを見て、その後仕事終わりの友人と夕食に出かけるって2日間でした。


お風呂・サウナは男性フロアのみあり、女性客はシャワーのみ。。(?_?) 残念。

シャワー・トイレは掃除の方が絶えずキレイにしてくださってて、とってもキレイで快適。


カプセルエリアは基本お喋りできないので、2人以上で旅行している時はお勧めできません。

カップルや友達で泊まっている外国人旅行者が多かったが、普通の声で話せないから気を使うのと、男女別でフロアまで違うのでカップルの場合連絡取るのが面倒くさそう。


経験として泊まってみたかったっていうのはあるけど、色々面倒くさいことが多い、でもやはりお安い。

以上を総合して次回は・・・・・・なしかな。

ここに大浴場・サウナが付いているんだったらもっと揺らぐが、荷物の多い旅行客に小さなロッカーのみで、スーツケースは公共の場所に保管っていう理由が決定要因かな。

次回日本1人旅時は、日本でも増えてきているバックパッカー挑戦してみよう。










  


Posted by メル好き at 08:53Comments(0)日本旅行

2017年01月09日

田舎の美味しいパン屋さん@Red Beard

クリスマス休暇にパッくん家族たちで出かけたTrentham トレンサム という小さな街。

Daylesford の近くにある本当に小さな街です。

ここでみんなでTrentham Fallsという綺麗な滝周りをハイキングして、釣りしてっていうのんびりした1日。


大雨の後だったので迫力のあった滝。


この小さな街で食べたランチがとっても美味しかった。

Red Beardというカフェが併設されているパン屋さんで、


定番BLT サンドイッチ
enter>
ソーセージロール


ズッキーニ・フリッタータ


反対向きから写真を撮ったので具が全く見えないが具沢山の
Ruebanサンドイッチ

ご飯・麺・パン派で分けると麺派な私はパンって殆ど食べないが、ここのは美味しかった!

大きーな窯で昔ながらの製法で焼いてるパン、見ればMaggie Beerや、
George Calombarisのお勧めコメントもあった。


メルボルンから車で1時間ちょっと、この方面に出かけるときはちょっと回り道してでも寄りたいって思ったくらいお勧め。







  


Posted by メル好き at 08:11Comments(0)グルメ

2017年01月07日

休暇はYou Tubeと宿探しで終了

明けましておめでとうございます。

前回「クーラーのない家での避暑方法」を記事にしましたが、
メルボルン、こうも猛暑が続くと流石に家の中も暑くなってきました・・icon10

35℃くらいが3,4日続き、今晩は最低気温も28℃の熱帯夜です・・


2週間近くあったクリスマス休暇、You Tube見すぎないようにと思っていたが、かなり見ました。

オンタイムでないので昔流行ってたものを今更発見し、大笑いし、数年遅れで1人で流行ってるのが常。
(エア・あややは去年発見しはまった、今回は珍獣ハンターイモトを発見、
2017年の芸能人格付けチェックも早速見たし。。)


そんなYou Tube 三昧と共にしてたのが、5月のヨーロッパ旅行のお宿探し。
宿のウェブを比較、現地情報を収集、この過程が好きな私には、時間のかかる過程だけど大いに楽しんでやってます。

旅の予定はイギリス、ハンガリー、チェコ、ドイツ、スイス、イタリア、フランス、スペインを5週間かけて回る予定。

イタリア、フランス国内は2か所ずつ宿泊先を予定しているので、計9か所の宿が必要。

残すはマルセイユとバルセロナのみ。

現地の方のブログまで読み、YouTubeで街の様子まで見出し、なかなか決められません。
が、現地の様子を想像し、宿を比較するこの過程、楽しいんだよな。


お隣さんもNZから帰ってきて、動物たちのお世話も終了。

ニワトリの世話もすっかり慣れ、小屋にいつまでたっても入らない時は、後ろからそっと捕まえることも簡単に出来るようになった。
(最初はちょっと怖かったのにやっぱり慣れるものだ)


さて、宿も来週には決めてしまい、お次は行きたい所リストに取り掛かりたい。


それにしてもまだ暑いわ・・メルボルンの皆さまKeep Cool。。。。










  


Posted by メル好き at 21:21Comments(2)ホリデー

2016年12月30日

オーストラリアのクーラーのない家での避暑方法

クリスマスからメルボルンの天気は大乱れ続き。

クリスマスは灼熱の38℃。
その後はカラっカラの乾燥メルボルンが湿度80%とかのムシムシと日が続き、閉めは昨日の一時的な大雨による洪水。

今日になりやっと湿度の低い、すがすがしい夏らしい日に戻った感じ。

ああ、乾燥してるって快適〰icon12
お肌はカサカサになるけど、それでもこの方が好きだなあ。


皆さんのクリスマスはいかがでしたか?

私達はパッくんご両親宅で合計10人、クーラーのない家での灼熱のクリスマスでした。

10人でも多いと思うが、聞けば20人、30人集まるのもざらなのだそう。

お料理をされた皆様、お疲れ様でした。

私達は持ち寄りで前菜を持っていったが、作るの簡単なブルスケッタにしました。

それでも、お庭で取れたてのバジルをふんだんに使ったブルスケッタは大好評でした。


そんな暑い中、家族内でちょっとした意見の食い違いが。

この日のような暑い日は窓&カーテンを閉めておくのが部屋を涼しくできる最良の方法、というのはオーストラリアでの常識、と私は思っていた。

実際、今までシェアハウスに住んでいた時も、多くの住人がしていたし、パッくんもする。

ところがお母さまとパッくん姉が
「ちょっと涼しくなってきたから、ドアを開けよう」
と16時くらいに言いだした。

外はまだまだ灼熱、姪っ子達が外に出てみて「外の方がまだまだ暑いけど・・・・」
って言ってみたものの、言いだしたら聞かないお母さまとそれを擁護する為か本当にそう思っているのかお姉さまも加わり、これはもうダメだ・・

「カーテン閉めっぱなしなんて、耐えられない」
と更にお母さまは言い、私達は諦め、彼女たちのしたいよう、カーテンも窓も開けた。

温風の風がムワっと室内に入って来て、それはそれは暑かった。

私もカーテン閉めたままなんて好きではないが、この閉めきりテクニックは家を外の暑さから守るのには最適な方法で、クーラーのない家はしょうがないのにな。

実際帰宅後の私達の家はずっと涼しかった。


レンガ作りの家は、夏は涼しく冬は暖かい、らしい。

実際、気温が30℃くらいまでは、湿度が低ければ、家内は涼しい。

30℃を越すことが予想される日は、閉め切り作戦で、窓からカーテンから閉め、外からの熱を遮断する。

そうすると中は驚くほど涼しく快適に保たれる。(2日くらいは)


そんなんで、うちはクーラーなしでもやっていけてます。

が、それも若いうち。
高齢のパッくんご両親なんて脱水になりやすいのに。クーラー付けろと周りが散々言ってるのに聞かず仕舞いなのです。。

来年のクリスマスもおそらくご両親宅。

年々突飛さが増していくお母さま。。

どうか今年中にクーラー付けてください〰。。























  


Posted by メル好き at 10:23Comments(0)暮らし

2016年12月22日

仕事修め2016 そして猫とニワトリとの生活開始

鬼のように忙しかった12月も何とか終了。
明日から約2週間のお休み〰icon12

そんな仕事納めの今日も飲みにも行かず、私は帰宅しないといけない理由があった。

お隣さんがNZに本日から帰省中の為、彼女の猫とニワトリたちのお世話。

お隣さんは今日の早朝に出発するとのことったので、ニワトリ達まだ小屋に入ったままかなあ、と思い急いで帰宅するが(ニワトリ小屋も十分広いのだが)、広いお庭で悠々としてたよ。ほっ。

お隣さんから聞いていたが、この子達どこまでもついて来て、それは可愛いんだが、座ると足を突っつくの。


座って携帯とか見てると、私の目をマジマジと見て、
「顔突っつきたいな」なんて言ってるようにも見えるし。
(ちょっと鳥の目恐怖症かも)

すぐに慣れるかな・・icon10

「卵も持って帰ってね〰」と言ってもらったが、どこに産んでるか分からず、イースターの卵探し状態。
その間もニワトリさんたちはずーっと私の後を付いてくるし・・笑


一番の大役は、夕方に彼女たちをニワトリ小屋に入れる事。

というのもこんなシティから10数キロの私のサバーブなんかでも、キツネが出るらしいの。

お隣さんは長い事ニワトリを飼っているが、半年に1回くらいにキツネの被害があるらしい。


目とクチバシがちょっと怖いけど、パッくんの帰りが遅いことが予想される今日、やるっきゃない、やってみるわ〰。


さて、この2週間のホリデーはお泊りでの予定もなく、メルボルン近辺で過ごす予定。

人口の一気に減るメルボルンのこの時期は嫌いじゃない。

溜まってること徐々に片付け、そして延々と見ちゃうYou Tube見続けないようにしよう〰・・・











  


Posted by メル好き at 14:33Comments(0)ホリデー

2016年12月20日

オーストラリアでの介護問題

老化は避けて通れない。
そして共に高確率で来るのが痴呆。

パッくんお母さま、御年80歳。
体は至って元気。
しかし徐々に来ているのが痴呆。

もともとちょっと面白いお母さま。
言ったことを言ってない、ってのは以前から多々あり。
物忘れもこの年ならしょうがないって程度はあったが、
痴呆が徐々に進んできている。


数か月前に電気ケトルをコンロにかけているのをパッくん父に発見される。


数週間前にはこんな事もあった。
我が家で大量に収穫している夏野菜のレタスやロケットたち。
パッくんご両親宅にもよくお裾分けしているが、先日のお父様とお母さまとの会話。

父「このレタスは〇〇(私のこと)から貰った物?」
母「Oh No No No No ,スーパーで買ったのよ」

この会話が台所から聞こえてきたが、私はお母さんまた忘れたんだなって何も言わずにスルーしたが、後でパッくんに言わせれば言った方が良かったよって言われた。


自分でテレビのボリュームあげておいて、その後「ちょっとうるさすぎない?」ってこともあった。


先週末、パッくんご両親・私達で夕食に出かけ、その帰り道。
暗い車の中でお母さまが何かが漏れてる気がするって言うので、車内灯をつけると後部座席は血まみれ。
お母さまの絆創膏の貼ってある腕から大量の血が・・・

いつケガしたのか尋ねるが前日のことか当日か思いだせず。
取りあえず車内でハンカチで圧迫止血&挙上しようとするが指示が全く守れず・・・

あまりの出血量に彼女のいつも行くGPに行くが、そこは21時で終了してた。
帰宅後ケガ部を見ると、ざっくりと深い傷だったがその時は止血していたため、クッション性のあるドレッシング、更には念のためのクッションに包帯で巻き、注意点・してはいけない事等伝え、翌日GPに行くようにだけ行って別れた。

その時も彼女の服は血だらけだったのに、
「これは血じゃない!」
と言い張るお母さま。。。

昨日様子を聞くために電話すると、いつもは2人とも電話で話してくれるが、お父様だけと話した。GPで治療もしてもらい大丈夫とのこと。

私が思うに、私から色々うるさく言われ(これは気を付けて等)、そしてほとんどの時は会話も普通に出来るからプライドも傷つけられ、私と話したくなかったのかなと思う。


年齢的にもしょうがないが、ゆっくりだがいよいよ来たなって思う。。
2人とも80歳で2人暮らし、殆どのことを今まで自立してこれたのは、ラッキーなんだったろうな。

実の娘さんは車で30分の距離。
徒歩2分の私達。
彼女のプライドを傷つけず、パッくんと私はどれだけ出来るのだろうって思う。


パッくんから言わせれば、「家もダウンサイズするべき」

40年住んでる彼らの家、確かに子供が巣立った後は使わない部屋も多く、お庭も広く管理が多い。

パッくんが芝生を刈り、電球を替えたり等は定期的にしてるが、ちょっとこれを手伝って等の電話は週に1回はある。


年を重ねても自立を尊重する文化、その中で私たちはどこまでできるのかなあ。。。。。


























  


Posted by メル好き at 21:45Comments(0)暮らし

2016年12月15日

忙しい師走に敢えて瞑想してみる

毎年の事ながら手術室は12月は大忙し。

仕事に、クリスマス会等に忙しい中、それでも1人You Yube 時間は何とか確保してます。
(忙しい人はそんな事できないって? 笑)

You tube サーフィン中出くわした片岡鶴太郎さんが出ていた番組。
彼の1日の生活に密着という内容。
片岡さんは、朝の支度に5時間要るそうで、その内容を紹介するものだった。

ひょうきん族を見ていた私からすれば、中身外見とも別人のような彼。
ヨガから始まり、瞑想、頭の体操、2時間掛ける1日1食の食事 という内容だった。

その中での彼のコメント、瞑想を終え感想を聞かれると
「幸せな時間でした。」と。


瞑想って、
10年くらい前に友人が「瞑想が好き」って言ってて、へえーっ変わった事言う人だなって思ったのを覚えているが、今では至る所で聞くくらいメジャーな言葉。

子供のころ禅に行っていて、大学時代していた合気道にも無になる時間というのがあった私には、瞑想 という言葉は使わなかったが、実は興味はあった。

それでも何だかんだで日常に追われてる毎日、瞑想する時間が持てないでいた。


先日から数分だけの瞑想を開始してみた。

彼が言っていた様、終わった途端、今あるもの全てに感謝でき、なんとも幸せな気分になれる、気がする

あまりにも頭の中がいっぱいの時は、うまくいかない時もあるけどね。。


こんなスピリチャルと無縁な私なんかでも手軽に出来ちゃう瞑想、特に忙しいこの時期に意外といいかもですfeel11
(意外と重要なのは手、指先かも。よくある瞑想してます〰って指先を真似すると、心が無になれる気がします)  


Posted by メル好き at 14:23Comments(0)徒然

2016年12月12日

お誕生日会@Movida Next Door

先月の私のお誕生日、スペインがいまだマイブームな私の為にパッくんが選んでくれたのはここ。
(Movidaは1週間前にはもう予約満席なんだって、すごいね)

名前の通り、Movidaのお隣です。




This photo of MoVida Next Door is courtesy of TripAdvisor

お借りした写真から伝わりますか、店内はおっ洒落。

メニューはConservas ,Tapas ,Raciones ,Postreと分かれており、スペイン語に最初戸惑うが、おつまみ系からタパス、一品料理ってところ。

タパスは3ドル台からあり、ポーションは勿論小さいが、少量ずつ色々食べたい人にはお勧め。

そして盛り付けも美しい。

タパスで一番美味しかったのはイワシ、1口サイズのイワシが程よく温められていて、付け合わせの食感の違うもの通しの組み合わせが、美味だった。

みんなが頼んでいたコロッケは至って普通、というよりハズレなくらい。


色々食べたが、お勧めはタパスのお魚系と、大皿料理からの生ハム。これらは頬っぺた落ちました。。

人気店で予約は取りずらいはお安くないはってお店だが、お店の雰囲気は良いしお勧め。

来年スペイン行を予定している私、美味しいお店を今から調べ中だが、本場になるともっとお安くなるけど、メルボルン価格、やはり何でも高くなるんだよなあ。。。

でも、メルボルンでスペイン料理、これもあり。ここはお洒落して出かけてみてくださいっ!

















  


Posted by メル好き at 22:43Comments(0)グルメ

2016年11月29日

男と女の違い

ただ今、パッくんがお兄さんとアメリカ旅行中の為、10日間のホーム・アローン中。

家で1人で居るのが怖い私、パッくん出発前は本気で心配してた。

案の定、初日夜はなんだがドキドキして殆ど眠れなかった。

2日目夜、まだ怖くってラジオを一晩中つけてた。

そして5日経過、

・・・・・昨日なんて爆睡・・・

なんだか1人で居るのに慣れてきてた。

昨日は遅出勤務で帰宅は23時前になったけど、特に恐怖も感じず、1人で気楽にネットしてから就寝。

もともと不眠な私、こんないい眠りはいつ以来だろうってくらいぐっすり眠れた。(あれ?)


先月私が1人で日本帰国した時、同じようにパッくんは1人で家に居た。
最初の数日は(うるさいやつもいなくて?)快適だったが、2週目に入ったくらいから1人で居るのが寂しかったって言ってた。


これが男と女の違いかな。

女の方が変化に順応できるのが上手い。寂しさへの順応へも。


すっかり快適になったホーム・アローンだが、(!)
それでも勿論パッくん帰国は待ち遠しい。(念のため書いておこう。)




  


Posted by メル好き at 07:57Comments(0)徒然ホリデー

2016年11月23日

日本・韓国旅行記⑦ お土産購入&発送できるロッテマートが素晴らしい

韓国のお土産を買おうとやって来たのはソウル駅からすぐのロッテマート。

ロッテマートの他にもアウトレット・デパートが併設されており、買い物好きは要チェックな所。

見てただけなのにアウトレットで1時間費やした私も、やっとたどり着いたロッテマートで早速お買い物開始〰。

ここは巨大なスーパーマーケット。

観光客が多いので日本語・英語が喋れる人も多いが、それ以上に断トツ多いのが中国語を話せる定員さん。

爆買いしていく中国人観光客に対応するため、中国語を話す人が世界的に増えているのを目の当たりにする毎日・・・ちょっと怖い。

さて、お買い物開始。



ラーメンコーナーでは2種類の試食があり、



この美味しかったプデチゲラーメンを、こういうのが大好きな日本の家族の為に5袋入りを3つも買っちゃった。





キムチコーナーも充実。
試食も充実しており、お土産の為の試食との名のもと、色々試した、美味しかった。

タコのキムチとカニの佃煮を買ったら、おまけでキムチもつけてくれた。
このキムチ、特に海鮮の物は安くはなく、2つで1万円オーバーになったからだろうけど、おまけはやっぱり嬉しい。

お茶コーナーも試飲が多く、定番のコーン茶の他、美味しかったハト麦茶、ゴボウ茶、フルーツ茶購入。

試食が多いので、キムチ、ラーメン、お茶、コーヒーに終わり、一食分食べたくらい。


化粧品コーナーもあり、MISSHAで自分用のBBクリームのクッションファンデーション、その上につけるお粉、お土産用パック多量、ハンドクリーム多量に購入。




これだけ買えば十分かな?


会計後、自分で箱を選び梱包開始。




ミカン箱くらいの大きさを選び、振動で特にキムチたちに影響がないよう慎重に梱包していき、更には出来た隙間を埋めるため、更に箱のお菓子を買って完璧に梱包終了〰。




梱包し具合に自己満足した私、海外発送コーナーに行き手続きすると、係の男の子に中をチェックしますと、ナイフであっさり箱を開けられてしまった。

そして中身を半分くらい箱から出され、キムチがあるので別料金が掛かると。

追加料金を足し、合計で発送料は5000円。
オーストラリアの発送料に慣れてきたので、日本韓国間のこの値段がありがたい。やはり近いって素晴らしいっ。


それにしても、完璧なの梱包をあっさり開けられ、そしてメチャメチャに箱に戻していかれた私はショック。

輸送の衝撃を考え、箱系のお菓子を外側に、プラスチックの容器に入ってるキムチ等は中心にと考えて梱包したのに・・・

「キムチが漏れないように、考えて梱包してね」と言い、きつい目で見ている私を、うっとおしい〰と言わんばかりに男の子はがんがん箱に戻していった。

キムチが漏れ、とんでもない状態で日本に届いた悪夢がしばらく頭から離れなかったが。。

3日後日本の実家に届いた。

結果、何とか大丈夫だった。

というのもきっとキムチコーナーのおばちゃんのお陰。
発送すると伝えると、キムチをラップで20重!くらいしてくれていたので、もれていたが最初の1重、2重くらいのみだった。良かった。


こんな箱いっぱいで、しかも別料金のキムチ込みで、日本への発送5000円はありです。

私のようなLCC利用者は特に!

このロッテマート、スーパー内に簡易のフードコートもあり、




楽しくて長居してしまった私、試食で小腹がいっぱいになりつつも、買い物客を見ながら水餃子頂きました。


ロッテマート、最後のお土産買い、また発送してしまいたい人にお勧め。

地元の人も居たが、観光客に対応する為スタッフは多いし、レジの外にはDIY梱包コーナー、海外対応発送コーナーもある充実ぶり。

ここでの買い物はタックス・フリーできる為、空港で微量ながら現金で帰ってきたし。

そんなんで、お土産も発送してしまった私はまだ身軽。
インチョン空港への移動、日本着後の移動も、軽いスーツケース1つですいすい歩けた。

重いスーツケースを持っての移動は旅を更に疲れさせるけど、今回は最後の日本での買い物まで身軽な旅でした。





















  


Posted by メル好き at 06:32Comments(0)韓国旅行

2016年11月17日

私も行ってきました Mappen まっぺんラーメン

最近はシティに出かけることも滅多にないので、たまに出かけると新たな発見が毎回ある。

新しいお店がここにも、聞いてた抹茶のお店だ、等とともに見つけたここ。

16時半という中途半端な時間にも関わらずオープンしてたので、小腹も空いてたし入って見ることに。

時間帯もあって店内は空いてた。それでも1人の方、2人連れの方等、6組くらいは居たかな。

驚いたのはその値段設定。




全てが安い。(アルコール以外)

4番のBlack、黒とんこつラーメンの小さいサイズをオーダー。お値段なんと$6.90




飲み物も勧められ、ちょっと一杯飲みたい気分だったので赤ワインを注文。

分かってたが、ラーメンとワインなんて合うわけもなく、結局まずはラーメンを食べてしまい、追加でご注文。



(小腹空いてるだけだったのにがっつり食べちゃった・・)


ラーメンはとっても美味しかった。

このクオリティがこの値段で食べられるなんて、並んで$15払ってラーメン食べてたのは何だったんだ!?
って思わずにはいられない。

追加のから揚げ等は、ショーケースに並べられてて作り立てじゃなかったから、乾いてる感じがしたのは残念だが、この安さだからね。

残念だったのはワイン、強気のグラス$6か$7の設定で、小さなグラスに少量。
これだったらいっその事、キャスクとかの箱の安いワインを、$2とか$3とかで販売した方がいいのでは?


ビール、ワインとお酒を置いてる割には、おつまみ系が充実してないし
(から揚げ等はあるが、作り置きの物が多い、ラーメンに入れちゃう分には問題ないが)お店の感じも一杯飲んで寛げる感じではないので、ラーメン等を食べてサクッと帰るのにぴったりなお店かな?


結論、今後ワインはなしだが、ラーメンをまた食べに、或いはカレーライス等を食べにまた行きたい。


近くに激安なうどん屋さんもあり、今後もジャンルは違うが切磋琢磨でどちらのお店にもずっと続けてほしい。


ラーメンも、うどんも、こんな値段で食べられるようになったなんて。。
嬉しい限り。












  


Posted by メル好き at 13:35Comments(0)グルメ

2016年11月14日

Happyな時 Happy Hour @Hairy Little Sista

それは金曜日。
シティを歩いていると、賑わっていて外まで人が溢れているバー発見。

これはHappy Hourに違いない。




やっぱり。

この賑やかな雰囲気が大好きな私達もここで飲みだした。

見る人見る人、みんなHappy、みんな週末の始まりを全力で楽しんでいる。

スパークリングワイン、白ワインの後は、



滅多に飲まないカクテルもハッピーアワーなので飲んじゃおう。

雰囲気がいいのとお手頃値段の相乗効果で長居しちゃって、小腹がすいてきたのでおつまみも、



えびのフリッターと、最近至る所でよく見かけるナスビ・チップス。普通に美味しかった。


みんながハッピーに見えるハッピー・アワー。 意味なんて考えたことなかったけど、幸せな時間。その通りだ。

時間も5時から8時からと太っ腹です。

スワンストン・ストリートからすぐすぐ。

幸せな時間をシェアするのに、是非どうぞ。



  


Posted by メル好き at 06:36Comments(0)グルメ

2016年11月08日

日本・韓国旅行記⑥ 韓国でシミ取りレーザー・エステ

きっと誰も興味ないだろうなあ、と思いポツリと提案してみたシミ取りエステ。

すると韓国人同僚は「私も行きたかったの、私がいつも行くところに一緒に行く?」って!

やったー。
まだきっと20代の彼女、さすが韓国人、シミ取りも始めるのが早い。
韓国美女の綺麗な肌の秘訣はエステが一役買ってそう。

すると香港人男の子も、「僕も顔のホクロ取りたかったんだ、一緒に行こう」ってなり、

更には中国人同僚も「私もこのニキビ跡どうにかしたい!」

ってなり4人一緒に予約を取り、彼女が帰国時にいつも通っているというミョンドンのエステへ皆で行ってきた。



まずは1人ずつ丁寧にカウンセリングから。

私と韓国人同僚の悩みは同じで頬のシミ。

それにはCO2レーザーとIPLレーザーを勧められた。
肌の回復を促すため、同時に注射も勧められたが、そのお値段2万円。私は却下し、韓国人同僚はそれも施工した。


注射なしの私のお支払は約1万円。

ホクロ取りの彼も小さな顔のホクロ約6つ取るのに約5000円くらいだった。

ニキビ跡の中国人同僚は、彼女にできることはないと言われ、何もしないことになった。


カウンセリングも全て同僚が通訳してくれたので私達日本人・香港人・中国人何とかなった。ありがとう、同僚〰。


荷物を預け、ベットに寝てまずはメイクを丁寧に取ってマッサージしてくれた。

たぶんこの過程は下っ端の子のお仕事かな、若そうな彼女、韓国語しか喋れないと無言で丁寧にしてくれた。

その後別の方に交代、レーザーの機械をセットしだす音が聞こえだし、別の女性が英語で、まずはCO2レーザーから開始すると説明してくれた。

痛みは全くなく、5分程度で終了。次のIPLは多少の痛みがあったがこれも自制内、これも5分程度で終了。

その後冷たいジェルにての冷却が恐らく40分くらい。


日本でレーザー治療したことがあったが、それと比べて施工後の顔の赤みが全くなかった。かゆみ出現も一切なし。

最後の冷却ジェルが効果的だったのもあり、赤身等も出てこなかったように思う。
 
日本でやったのは10年近く前だったからか、冷却ジェルの変わりにアイスノンをのせられ、それが冷たくなくなってくると新しいのに交換してっての繰り返し。
それでも肌への密着度は低く、1度顔が真っ赤になり、痒くてたまらなかったことがある。

この冷却ジェルは、ジェルなだけに肌に完全に密着しているし、40分間心地よい冷たさが続いた。


1万円でこの施術内容ならお得かもしれないが、それでも韓国のエステにもっと期待していたんだと思う。

それか施術パワーがかなり弱かったのか、反応して黒くなったシミは小さく、それに極僅かだった。

それらは5日後くらいに取れたが、極わずかな為、殆ど変わりない。ように自分では見える。

まあ、もともとカウンセリングでも、5回くらい続けることを勧められたから1回の効果はこんなものなんだろうなあ。

パワーをあげすぎると効果も’あるが副作用もあるしね・・・


それから約2週間後にメルボルンに帰ってきて同僚数人やパッくんに、
「肌きれいになってない?」と言われた。

自分では分からないが、1回の施術でも多少の効果はあるみたい。


私たちが行ったところは、ミョンドンの街中にあるDANA クリニック。

カウンセリングがしっかりしていて、その時点でここなら安心できる、と確信できた。

施設内も清潔、綺麗で、激混みではないが、韓国人女の子たちが待合室には絶えず数人いる。

ただ書いた通り、韓国人同僚がカウンセリング内容全て通訳してくれた為、彼女なしでは英語・日本語でどの程度コミュニケーションが取れるかは不明。

私のカルテは残っているので次回ソウルに来る時はまた来ちゃうかも。

















  


Posted by メル好き at 06:32Comments(0)韓国旅行